LTC1546 Multiprotocol Chip Simplifies NET1-, NET2- and TBR2-Compliant Serial Interfaces

The LTC1546 multiprotocol transceiver simplifies network interface design and frees up valuable PC board real estate. Operating from a single 5V supply, the LTC1546 and LTC1544 form a complete, software-selectable DTE or DCE interface port that supports the V.28 (RS232), V.35, V.36, X.21, RS449, EIA530 and EIA530-A protocols, including all of the necessary cable termination. With these two chips, the physical layer of a NET1-, NET2- and TBR2-compliant interface can be implemented in less than 3cm2.

In a typical application (see Figure 1), the 3-driver/3-receiver LTC1546 multiprotocol serial transceiver/cable terminator handles the clock and data signals, and the 4-driver/4-receiver LTC1544 multiprotocol transceiver handles the control signals. The mode pins, M0, M1 and M2, select the active protocol and termination (see Table 1) and the DCE/DTE pin selects DTE or DCE mode. PC board layout consists of routing the pins of an LTC1546 and an LTC1544 to the connector and placing bypass and charge pump capacitors (see Figure 1). The LTC1546/LTC1544 chipset is appropriate for most multiprotocol applications. Systems that additionally require LL (local loop-back), RL (remote loop-back), TM (test mode) or RI (ring indicate) signals should use the 5-driver/5-receiver LTC1545 multiprotocol transceiver in place of the LTC1544.

Figure 1. LTC1544/LTC1546 software-selectable multiprotocol DCE/DTE port.

Table 1. Mode-pin functions
LTC1546/LTC1545 Mode Name M2 M1 M0
Not Used 0 0 0
EIA-530A 0 0 1
EIA-530 0 1 0
X.21 0 1 1
V.35 1 0 0
RS449/V.36 1 0 1
RS232/V.28 1 1 0
No Cable 1 1 1

The LTC1546 is pin compatible with the popular LTC1543 multiprotocol transceiver and has the added feature of on-chip cable termination. Most previous applications used an LTC1543 for the clock and data transceivers and an LTC1344A for the necessary cable termination. With the introduction of the LTC1546, the LTC1344A is no longer required. In fact, in most existing designs, the LTC1543 can be replaced by an LTC1546, and the LTC1344A can be removed without any changes to the PC board. In new designs, the LTC1546 will simplify PC board layout and reduce the required footprint compared to the LTC1543/LTC1544 solution.

The LTC1546/LTC1544 chipset has been tested by TUV Telecom Services, Inc. and has been found to be compliant with the NET1, NET2 and TBR2 requirements. Test reports are available from LTC or TUV upon request (NET1 and NET2 report NET2/091301/99; TBR2 report CTR2/091301/99).

Dan-Eddleman

Dan Eddleman

Dan Eddlemanは、Linear Technology(現在はアナログ・デバイセズに統合)のアナログ技術者です。ICの設計者、シンガポールのIC設計センターのマネージャ、アプリケーション・エンジニアとして15年の経験を有しています。

Linear Technologyでのキャリアは、電源トラッキング・コントローラ「LTC2923/LTC2925」、高電圧に対応するデュアル理想ダイオードOR「LTC4355」、マルチプロトコル対応のトランシーバー「LTC1546」の設計担当から始まりました。また、世界初のPoE(Power over Ethernet)コントローラ「LTC4255」を設計したチームの一員でもありました。これらの製品に関連して2件の特許を取得しています。

シンガポールのIC設計センターでは、マネージャとして製品設計チームを統括。ホット・スワップ・コントローラ、過電圧保護コントローラ、スイッチング方式のDC/DCコントローラ、電力モニタ、スーパーキャパシタ用のチャージャといった製品を担当していました。

アプリケーション・エンジニアとしては、I2C/SPIベースの製品のデモに用いるArduino互換のハードウェア・プラットフォーム「Linduino」を開発。同プラットフォームは、C言語ベースのファームウェアをお客様に配布する手段として、また容易かつ迅速なプロトタイピングを可能にするものとして活用されています。

加えて、アプリケーション・エンジニアとしてはPWM信号を電圧出力に変換する方式のD/Aコンバータ「LTC2644/LTC2645」を発案。更に、I2C/SMBusアドレス変換器「LTC4316/LTC4317/LTC4318」で使用されているXORベースのアドレス変換回路を開発しました。これらの製品に関連する特許も出願しています。軍用車両向けの厳格な仕様であるMIL-STD-1275に準拠した複数のリファレンス設計(28V対応)も開発しました。

MOSFETの安全動作領域(SOA)に関する研究を継続的に実施。SOA関連の設計に利用できるソフトウェア・ツールを開発したり、SOAについての社内講習会を開催したりしています。LTspiceに付属しているSOAthermを利用すれば、ホット・スワップ回路のシミュレーションにおいてSpirito暴走を組み込んだ熱的モデルをベースとし、MOSFETのSOAをシミュレーションすることができます。

スタンフォード大学で電気工学の修士号、カリフォルニア大学デービス校で電気工学/コンピュータ工学の学士号を取得しています。