類似製品

製品概要

機能と利点

  • パワー・ブロック、DrMOSまたは外付けゲート・ドライバ、MOSFETと組み合わせて動作
  • 高精度電流分担機能を備えた固定周波数電圧モード制御
  • ±0.75%精度の0.6V電圧リファレンス
  • デュアル差動出力電圧検出アンプ
  • マルチフェーズ機能:最大12相で動作
  • プログラム可能な電流制限
  • プリバイアスされた負荷に安全に電力を供給
  • プログラム可能またはPLL同期可能なスイッチング周波数:最大2.25MHz
  • インダクタDCRを使用した損失のない電流検出または検出抵抗を使用した高精度電流検出
  • VCCの範囲:3V~5.5V
  • VINの範囲:3V~24V
  • パワーグッド出力による電圧モニタ
  • 出力電圧トラッキング機能
  • プログラム可能なソフトスタート
  • 5mm × 6mmの36ピンQFNパッケージで供給

製品概要

LTC3861は、大電流の分散給電システム、デジタル信号プロセッサやその他の通信機器/産業用DC/DC電源向けのデュアルPolyPhase®同期整流式降圧スイッチング・レギュレータ・コントローラです。固定周波数電圧モード・アーキテクチャを採用し、オフセットが非常に小さく帯域幅の広いエラーアンプと、チャネルごとに内蔵された出力電圧リモート検出差動アンプを組み合わせることにより、優れたトランジェント応答と出力レギュレーションを実現します。

このコントローラはインダクタのDCRによる損失のない電流検出回路を内蔵しているので、位相間の電流バランスを維持し、過電流保護機能を実現します。このデバイスは3V~5.5VのVCC電源で動作し、3V~24Vの入力電圧から0.6V~VCC – 0.5Vの出力電圧へ降圧変換するよう設計されています。

TRACK/SSピンにより、プログラム可能なソフトスタート機能またはトラッキング機能を実現できます。プリバイアスされた負荷に電力を安全に供給するため、ソフトスタート時にはインダクタ電流の反転がディスエーブルされます。固定動作周波数は外部クロックに同期させるか、250kHz~2.25MHzの範囲で直線的に設定できます。最大で6つのLTC3861コントローラを並列に動作させることにより、1、2、3、4、6または12相動作が可能です。

LTC3861は 5mm × 6mmの36ピンQFNパッケージで供給されます。LTC3861-1はLTC3861の32ピンQFNパッケージ版で、出力電圧リモート検出用のシングル差動アンプを備えています。

# Diff Amps Config Pin Package
LTC3861 2 Yes 5 x 6 QFN-36
LTC3861-1 1 No 5 x 5 QFN-32

アプリケーション

  • 大電流の分散給電システム
  • DSP、FPGA、およびASICの電源
  • データ通信システムおよび通信システム
  • 産業用電源

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspiceデモ用回路集の実行方法

ステップ1: LTSpiceをダウンロードし、インストールしてください。

ステップ2: 下のセクションのリンクをクリックし、デモ用回路をダウンロードしてください。

ステップ3: 下のリンクをクリックしてもLTSpice が自動的に開かない場合は、リンクを右クリックし、“Save Target As”(対象をファイルに保存)を選択する方法でもシミュレーションを実行できます。ファイルを保存したら、LTSpiceを起動し、"File"メニューから"Open"を選択してデモ用回路を開いてください。

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LTC3861
LTC3861-1

LTpowerCAD

LTpowerCAD®は、電力段のデバイスの選択、詳細な電力効率の提供、ループのボーデ線図の安定性および負荷過渡応答解析の敏速な表示などを行うと共に、シミュレーション用にLTspiceにエクスポートできる電源設計プログラムです。

この回路のプロジェクト・ファイルを開くには:

ステップ1:LTpowerCADをお使いのコンピュータにダウンロードしてインストールします。

ステップ2:以下のセクションのリンクをクリックし、デバイス固有のプロジェクト・ファイルをダウンロードします。

ステップ3:プロジェクト・ファイルが実行できない場合、リンクを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。次に、LTpowerCADツールを起動し、[ファイル]メニューで[プロジェクトを開く]を選択してプロジェクト・ファイルを開きます。

LTPowerCAD

次のデバイス用の設計ツールがLTpowerCADでご使用になれます。

LTC3861

おすすめ製品

LTC3861 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。