ディファレンス・アンプ

ディファレンス・アンプは差動信号を測定するために開発された特殊なアンプで、減算器とも呼ばれます。ディファレンス・アンプの大きな特長は、同相ノイズ除去(Common-Mode Rejection: CMR)と呼ばれる方法で不要な同相信号を除去できることです。他のほとんどのタイプのアンプと異なり、ディファレンス・アンプは一般的に電源レールを超える電圧を測定でき、大きなDCまたはAC同相電圧が存在するアプリケーションに使われます。アナログ・デバイセズは、低歪み、低消費電力、あるいは高電圧などの性能を実現できるように最適化された、さまざまなディファレンス・アンプを提供しています。
製品セレクション・テーブル