製品概要

機能と利点

  • RF出力周波数範囲:57~14,600MHz
  • RFOUT:7300~14,600MHz
  • PDIV/NDIV:57~14,600MHz
  • フラクショナルNシンセサイザ・モードおよびインテジャーNシンセサイザ・モード
  • 24ビット・フラクショナル・モジュラス
  • 周波数誤差が0Hzの精密周波数モード
  • PFDスプリアス(代表値):<−105dBc
  • 統合化実効値ジッタ:<40fs
  • 正規化インバンド位相ノイズ・フロアFOM
    • 大電流モード:−232dBc/Hz(インテジャー)および−229dBc/Hz(フラクショナル)
    • ノーマル・モード:−229dBc/Hz(インテジャー)および−226dBc/Hz(フラクショナル)
  • −40°~+85°Cの範囲で周波数ロックを維持(常時ロック)
  • 低位相ノイズVCO
    • 100kHz(7.3GHz)で−115dBc/Hz(代表値)
    • 100kHz(10GHz)で−114dBc/Hz(代表値)
    • 100kHz(14.6GHz)で−109dBc/Hz(代表値)
  • RFOUT電力レベル:5dBm
  • 1、2、4、8、16、32、64、または128出力によるプログラマブルな割り振り
  • プログラマブルな出力電力レベル
  • 消費電力(代表値):815mW
  • プログラマブルな低電流および低消費電力:<700mW
  • 高速周波数ホッピング(自動キャリブレーションはイネーブル):<40μs
  • 48端子、7mm × 7mm LGAパッケージ:49mm2

製品概要

ADF5610は、外部ループ・フィルタおよび外部リファレンス・ソースと併せて使用することで、フラクショナルNまたはインテジャーN位相ロック・ループ(PLL)周波数シンセサイザを実装できるようになりました。広帯域マイクロ波電圧制御発振器(VCO)の設計により、単一の無線周波数(RF)出力で7300~14600MHzの周波数動作が可能です。差動周波数出力で一連の周波数分周器を使用すると、57~14600MHzの動作が可能です。PLL回路用のアナログ電源とデジタル電源の電圧範囲は3.1~3.5Vであり、VCO電源は4.75~5.25Vです。チャージ・ポンプ電源電圧を3.6Vまで引き上げると、周波数帯域のオーバーラップを改善し、周波数範囲の上限側を引き上げることができます。

ADF5610は、基本周波数が3650~7300MHzのVCOを内蔵しています。これらの周波数を内部で2倍に引き上げ、RFOUTピンに送ることができます。この倍増したVCO周波数を別途の差動出力で1、2、4、8、16、32、64、128に分周すると、57MHzまでの低いRF出力周波数を生成できます。シンプルな3線のシリアル・ポート・インターフェース(SPI)で、複数のオンチップ・レジスタをすべて制御することが可能です。この分周器ブロックがSPIインターフェースで不要な場合は、ディスエーブルにすることで消費電力を抑えられます。同様に、シングル・エンド出力と差動出力のどちらについても、VCOレジスタ設定で出力電力を設定できます。また、ADF5610には、VCO回路およびPLL回路向けに各種のパワーダウン・モードも搭載されています。

最大100MHzで動作可能な内蔵の位相検出器(PD)とΔ-Σ変調器により、−100dBc(代表値)というスプリアス・レベルで広いループ帯域幅と高速周波数チューニングを可能にします。

位相ノイズが−115dBc/Hz(7.3GHz)~−109dBc/Hz(14.6GHz)という水準であることから、ブロッカの影響を最小限に抑え、レシーバー感度とトランスミッタのスペクトル純度を改善することができます。位相ノイズ・フロアが小さいため、トランスミッタのアプリケーションで変調器/ミキサーのノイズ・フロアに影響を与えません。

ADF5610は、VCO内蔵のPLLを搭載しています。このデバイスは革新的なプログラマブル性能技術を特長としています。この技術により、低電流消費モード、または位相ノイズ性能を高める高性能モードのいずれかを選択することで、電流消費とそれに対応するノイズ性能を個々のアプリケーションに合わせることができます。

ADF5610のその他の機能には、1.5dBステップでの約3dBのRFOUTゲイン制御、約2.5dBステップでの5dBの差動ポート上の制御があります。更に、Δ-Σ変調器は精密周波数モードを備えており、周波数誤差が0Hzに近い出力周波数を生成できます。

アプリケーション

  • 軍事および防衛
  • 試験装置
  • クロック生成
  • ワイヤレス・インフラストラクチャ
  • 衛星および超小型地上局(VSAT)
  • マイクロ波無線

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

設計ツール

ADIsimPLL™

アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。現在利用できるツールの中で、最も総合的なPLLシンセサイザーの設計/シミュレーション・ツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

ADF5610 Discussions

RE: LO connection of ADMV1013 and ADF5610
2 週間前 RF and Microwave
ADF5610 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。