光AFE

光ケーブルとのインターフェースには、電気ドメインと光ドメインの間の信号変換をつかさどる特定の物理層のトランスミッタとレシーバーが必要です。この変換は、通常、光トランシーバー・モジュール内で行われます。アナログ・デバイセズでは、レーザーやシリコン・フォトニクスなどの光トランスミッタ・デバイスをフォトダイオードからの信号の増幅、波形成形、タイミング再生を行うレシーバーと共に駆動する製品ファミリを取り揃えています。こうした製品は、現在、最大50Gbpsのビットレートに対応しています。また、光モジュール・アプリケーション向けに最適化された制御およびパワー・マネージメント製品も提供しており、光モジュールに必要なチップセットがすべて揃っています。
製品セレクション・テーブル