MAXM86161
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAXM86161

単一電源集積型光モジュール、HRおよびSpO2測定用

すべて表示 showmore-icon

低電力集積型インイヤー心拍数モニタ

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$5.25
機能
  • 完全なシングルチャネル光データ収集システム
  • 内蔵アルゴリズムによって高速環境光過渡の除去をさらに強化
  • 反射型心拍数およびSpO2監視用に最適化されたアーキテクチャ
  • 低暗電流ノイズ:50pA RMS以下(サンプル間偏差)
  • 複数のサンプルモードおよびチップ内平均化によって実効暗電流ノイズの低減を達成
  • 高分解能19ビット電荷積分ADC
  • 3つの低ノイズ、8ビットLED電流DAC
  • 優れたダイナミックレンジ:89dB以上(ホワイトカードループバックテスト、サンプル間偏差)
  • 優れた環境光範囲および除去機能
    • 環境光検出器電流:100µA以上
    • 環境光除去:70dB以上(120Hz)
  • 超低電力動作によってウェアラブル機器に対応
    • 低電力動作、光読取りチャネル:10µA以下(typ、25sps時)
    • 短い露出積分時間:14.8µs、29.4µs、58.7µs、117.3µs
    • 低シャットダウン電流:1.6µA (typ)
  • 超小型14ピンOLGAパッケージ(2.9mm × 4.3mm × 1.4mm)
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
製品概要
show more Icon

MAXM86161は、超低電力、完全集積、光データ収集システムです。トランスミッタ側では、MAXM86161は3つの設定可能な大電流LEDドライバを備えています。レシーバ側では、MAXM86161は高効率PINフォトダイオードおよび光読取りチャネルで構成されます。光読取りは19ビットADC、業界トップクラスの環境光除去(ALC)回路、およびピケットフェンス検出/置換アルゴリズムを内蔵した低ノイズ信号調整アナログフロントエンド(AFE)を備えています。低消費電力、小型サイズ、使用の容易さ/柔軟性、および業界トップクラスの環境光除去機能によって、MAXM86161は心拍数検出およびパルス酸素濃度測定などの多様な光検出アプリケーションに最適です。

MAXM86161は3.0V~5.5VのVLED単一電源電圧で動作します。このデバイスは標準対応インタフェースおよび完全自律動作に対応します。各デバイスは大容量128ワードFIFOを内蔵しています。MAXM86161は小型14ピンOLGAパッケージ(2.9mm × 4.3mm × 1.4mm)で提供されます。

アプリケーション

  • インイヤーアプリケーション用に最適化
  • モバイルアプリケーション用の小型パッケージ
  • 以下の検出用に最適化された性能:
  • HRVの継続的監視
  • 光心拍数
  • 酸素飽和度(SpO2)

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$5.25

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAXM86161EFD+
  • HTML
  • HTML
MAXM86161EFD+T
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 1

MAXM86161EVSYS

MAXM86161の評価システム

zoom

MAXM86161EVSYS

MAXM86161の評価システム

MAXM86161の評価システム

機能と利点

  • MAXM86161センサーの性能評価:SN比、暗電流、ノイズなど
  • マキシムのアルゴリズムの性能評価:電力最適化、心拍数(HR)、SpO2 (末梢毛細血管酸素飽和度)など(ボード上のMAX32664GWEC+生体センサーハブマイクロコントローラを使用)
  • MAXM86161のアーキテクチャおよびソリューションの方式に対する理解を促進
  • リアルタイム監視およびデータロギング機能
  • ボード上に加速度計を実装
  • Bluetooth® LEによってワイヤレスデータ収集が可能

製品の詳細

MAXM86161EVSYS#評価システム(EVシステム)は、人体のさまざまな部位のアプリケーション(特にインイヤーおよびモバイルアプリケーション)用の集積型光モジュールのMAXM86161の迅速な評価を可能にします。MAXM86161デバイスは、標準I2C対応インタフェースを使用してボード上に搭載されたマキシムのMAX32664生体センサーハブマイクロコントローラ(マキシムのアルゴリズム評価に使用)と通信するか、またはパススルーモードで生のデータを収集することができます。MAXM86161デバイスは、個別に制御可能な3つの光読取りチャネル(緑色、赤色、およびIR)で構成されます。このEVシステムは柔軟な構成が可能で、センサーのさまざまな機能をテストすることができます。さらに、このEVシステムはMAXM86161デバイスの設定と使用の方法を迅速に学習するために役立ちます。

主EVシステムは、2つの回路基板アセンブリ(MAXSensorBLE_EVKITとMAXM86161OSBFLEX)、1つのUSB-C-USB-Aコネクタケーブル、およびリチウムポリマーバッテリで構成されます。これらのコンポーネントはデータシートの図1で表示されています。さらに、2つの設定可能な回路基板(MAXM86161_MAX32630_PRGMR_ASSY、MAXREFDES100HDK)および1つのUSB-B Micro-USB-A Male USBケーブルが提供され、必要に応じてファームウェアのアップグレードに使用することができます。

このEVシステムはUSB-C電源またはLiPoバッテリを使用して給電可能で、14ピンOLGAパッケージのMAXM86161EFD+デバイスが実装されています。

MAXM86161OSBFLEXフレキシブル-リジッド回路基板にはマキシムのMAX32664生体センサーハブマイクロコントローラデバイスが実装されています。このセンサーハブを使用してマキシムのHR/SpO2アルゴリズムを実装し、評価を行うことが可能です。MAXM86161EVSYS#およびMAX32664センサーハブの両方の評価を可能にするMAXM86161 GUI PCアプリケーションコードは、MAXM86161EVSYS# EVシステムの設計リソースタブで提供されます。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品