オペアンプ -  ニュース

2014年8月27日
2014年度第3四半期決算を発表

2014年8月1日
初心者のためのOPアンプ/ディスクリート部品の組み合わせ回路
シリーズ第4弾「電流信号を作り出す回路(後編)」がオープンしました。

2014年7月30日
アナログ・デバイセズの技術フェロー、ボブ・アダムス、IEEEの2015年度「Donald O. Pederson Award in Solid-State Circuits」を受賞

2014年7月23日アナログ・デバイセズ、株式の公開買付けを終了

2014年7月1日
初心者のためのOPアンプ/ディスクリート部品の組み合わせ回路
コンテンツサイト シリーズ第3弾「理解して使おう! 定電流源、お役立ち組み合わせ回路!」がオープンしました。

2014年6月24日
回路設計エンジニア向け「アナログ技術セミナー2014」を開催 ~ 本日より受付開始 ~

2014年6月10日Hittite Microwave Corporationの買収を発表

2014年5月26日
一緒に学ぼう!石井聡の回路設計WEBラボ
新規コンテンツ「作ったAD797増幅回路の周波数特性とノイズ特性を事後評価してみる」 を追加しました。

2014年5月21日
2014年度第2四半期決算を発表

2014年4月25日
一緒に学ぼう!石井聡の回路設計WEBラボ
新規コンテンツ「高速アナログ回路技術の基本を正しく理解して正しく設計する (後編)」 を追加しました。

2014年3月31日
一緒に学ぼう!石井聡の回路設計WEBラボ
新規コンテンツ「高速アナログ回路技術の基本を正しく理解して正しく設計する (前編)」 を追加しました。

2014年2月19日
2014年度第1四半期決算を発表

2014年2月3日~3月31日
アナログ・デバイセズ製品
セレクション・ガイド 2014 冊子プレゼントキャンペーン実施中!

2014年1月6日~2月28日
回路設計WEBラボ キャンペーン開催中!

  • 第一弾 「OP アンプの電流性・電圧性ノイズの良し悪しと回路のカスケード接続」
  • 第二弾 「正弦波をA/D変換し窓関数なしに打ち切ってFFTしてみると」
  • 第三弾 「FPGA時代の高速データ・コンバータのクロッキング」
  • 第四弾 は2月17日に公開予定
是非ご覧ください。

2013年11月27日
2013年度第4四半期および通年決算を発表

2014年1月30日~31日開催
電子回路設計者向け技術セミナー「アナログ 実験/実践 編」 in 浜松』受講申込み受付を開始しました。
申込み締切は2014年1月24日です。是非ご参加ください!

2013年11月11日
アナログ・デバイセズのオンライン・テクニカル・サポート・コミュニティ「EngineerZone」が「2013 Forrester Groundswell Award」を受賞

2013年10月28日
3年連続でトムソン・ロイター「Top 100 グローバル・イノベーター 2013」に選出

車載ビデオ・アプリケーション向けにビデオ・アンプ・シリーズ4製品を発表

2012年5月23日
iPadがあたる!
「加速度を当てよう"Guess the G"」コンテストを開催しています。
ふるってご参加ください!

日本語版「オペアンプ・セレクション・ガイド 2012」完成記念プレゼント・キャンペーンを実施

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.45 No.10 未発表論文から
データ・アクイジション向けの超高性能差動出力プログラマブル・ゲイン計装アンプ
を日本語で掲載しました。是非ご覧ください。.

ウェブサイト・プログラム「おススメ製品」を拡充し、「おススメ・ルーキーズ製品」として新たに57種の製品を選定

業界初の±30Vを超える入力過電圧保護を集積した高精度オペアンプ「ADA4096-2」を発表

RAQ(珍問/難問集)
Issue 68:「オペアンプとコンデンサについての馬鹿げた質問 」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.45 No.4 「オペアンプ特性を簡単に測定する方法」を日本語化いたしました。

回路設計エンジニア向け「アナログ技術セミナー2011」開催へ -8月31日(大阪)、9月2日(東京)-

世界レベルの高性能・高品質製品を安定供給し、傑出した支援を提供した、優秀な戦略的サプライヤを表彰

複雑な設計課題を解決する「Circuits from the Lab/実用回路集」をアップグレード

業界初の、基板データ・ファイル無料提供によるプリント基板製造サービス「パネルdeボード」をP板.comと連携し開始

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.43 No.9
アクティブ・フィルタの位相応答 その2:ローパス応答とハイパス応答

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.43 No.5
高速差動ADCドライバの「交通規則」

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.44 No.1未発表論文「高速コンバータ・クロック分配デバイスの終端処理 」と、Vol.44 No.3 「アプリケーション・エンジニアに尋ねる―39:ゼロドリフト・オペアンプ」を日本語で掲載いたしました。

弊社のアプリケーション・エンジニアが講師を務める外部団体主催のセミナーをご紹介します。 経験豊富な弊社エンジニアが、電子回路設計やワイヤレス通信などについて講演いたします。「弊社アプリケーション・エンジニアが講師の外部団体主催セミナー」をご覧ください。

RAQ(珍問/難問集)
「Q. 数ヵ月前の記事で、スイッチング電源に付随する内部高周波(HF)ノイズが影響を受けやすいアナログ回路の中に入り込み、回路を台無しにするのをどのように防ぐか説明されていましたね。私のオペアンプ出力もハミングし、いくら電源フィルタ処理をしても収まりません。どうすればよいのでしょうか?」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

アナログ・デバイセズのコンバータを、バックマン・エレクトロニック社が風力タービン用制御システムに採用

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.43
電流センスとケルビン接続を有する電源ブースト回路」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

2009年12月17日
新製品、デザインのアイディア、セレクション・ガイド(製品一覧表)などをご紹介
ソリューション・ブリテン ヘルスケアIC(2009年 No.8)を掲載いたしました。

RAQ(珍問/難問集)
「Q. 電源をオフにしたとき、オペアンプにどんな性能(入力インピーダンスなどのパラメータやその他のオペアンプ仕様に関して)を期待できるでしょうか?」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

RAQ(珍問/難問集)
「Q. レールtoレール・オペアンプで単電源動作というと、成功間違いなしの組み合わせのように思われますが、このようにアンプを使用した場合どんな欠点が予想されるでしょうか?」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

技術情報誌 Analog Dialogue Vol.43 未発表論文
高速アンプを使用した低価格ビデオ多重化」を日本語で掲載いたしました。ぜひご覧ください。

ソリューション・ブリテン2009年No.7
アンプIC
本号の内容:高性能データ・アクイジションのフロントエンドに最適な低ノイズ、1GHzのFastFETアンプ 他

RAQ(珍問/難問集)
Q. データシートの仕様:癪の種か混乱の種か?

RAQ(珍問/難問集)
Q. 前回、オペアンプのノイズを外部抵抗のせいにされました。いつもそうとは限らないと思うのですが、いかがでしょうか?

RAQ(珍問/難問集)
Q. 私の低ノイズ・アンプはあまり低ノイズではありません。どこか間違えているのでしょうか?

全拡張産業用温度範囲にわたって業界最小のオフセット・ドリフトを実現する36V高精度JFET入力オペアンプ「ADA4627」を発表

バッテリ寿命を延長する超低消費電力ゼロドリフト・オペアンプ「ADA4051-2」を発表

ソリューション・ブリテン2009年No.4
産業&センサーIC
産業用IC、センサーについての設計のアイデア、ソリューション、セレクション・ガイドなど、最新情報が満載

アナログ・デバイセズ株式会社、顧客の設計活動を支援するウェブサイト・プログラムを展開

ADIsimOpAmp∼設計ツールのデモ・ビデオが日本語化!!
作りたいオペアンプ回路における、帯域幅やスルーレート、入出力電圧範囲などの仕様を確認したいときに役立つ「ADIsimOpAmp∼設計ツール」の使い方をビデオで説明。

日本語オンライン・セミナーのウェブサイトができました!
今後もコンテンツを続々と増やしていく予定です。 設計・開発にぜひお役立てください。

医用ソリューション
パルス・オキシメータのフォトダイオード・センサー
パルス・オキシメータは、手足の指や耳たぶなどの人体の細い部分や薄い部分にペリフェラル・プローブ(センサー)を付けて、血液の酸素濃度を非侵襲でモニタ…

ソリューション・ブリテン2009年No.1
コンスーマIC

高速FETオペアンプ「ADA4817」を発表

産業用プロセス制御向け、過電圧保護機能付きオペアンプ「ADA4091-2」を発表

HDマルチメディア機器向けに、高性能ビデオ・アンプ「ADA4420-6/4855-3/4856-3」を発表

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる