製品概要

機能と利点

  • 30MHz~6GHzの周波数範囲にわたって動作する2 × 2狭帯域/広帯域RFトランシーバー・プラットフォーム
  • フル機能の評価用無線カード
    • ADRV9002NP/W1/PCBZ:30MHz~3GHzの周波数帯用
    • ADRV9002NP/W2/PCBZ:3GHz~6GHzの周波数帯用
  • 以下がオンボードで可能
    • クロックおよびMCS分配
    • 高効率電源ソリューション向けリファレンス設計
    • 消費電力モニタリング・ソリューション
  • FPGAマザーボード(ZC706およびZCU102)用FMCコネクタ
  • 1つのFMCコネクタから給電
  • 回路図、レイアウト、BOM、HDL、ドライバ、アプリケーション・ソフトウェアを含む

製品概要

ADRV9002NP/W1/PCBZおよびADRV9002NP/W2/PCBZは、ADRV9002デュアルチャンネル狭帯域/広帯域RFトランシーバーのデモンストレーション用に設計された無線カードです。この無線カードは、デバイス評価用の2x2トランシーバー・プラットフォームを提供します。高効率電源回路ボードや高性能クロック/MCU分配など、この無線カードを動作させるために必要なペリフェラルはすべて無線ボードに搭載されています。無線カードの1つをFMCコネクタを介してFPGAマザーボードに接続すれば、フル機能のADRV9002評価用プラットフォームが完成します。

回路図/CAD/BOM/S-パラメータ/IBISファイル

このハードウェアはTESソフトウェアと共に使用すると、ADRV9003およびADRV9004トランシーバーをエミュレートできます。ADRV9003またはADRV9004トランシーバーをTESで選択すると、特定のトランシーバーに合うよう調整された必要な初期化シーケンスをソフトウェアにより生成することができます。

ソフトウェア

評価ソフトウェア

PDF
98.31 K
Software and Hardware Selection Guide
The ADRV9001 evaluation system can be controlled using two different software packages provided by ADI. The two software packages serve different user types. This document is designed to help the user to better understand the differences between available ADRV9001 software packages and their corresponding hardware configurations.
Wideband RF Transceiver Evaluation Software
The Evaluation kit offers several software drivers for evaluation and rapid prototyping as well as design tool options to aid in simulation and filter design.
WIKI
ADRV9001 Prototyping Software Wiki Page
The IC delivers a versatile combination of high performance and low power consumption required by battery powered radio equipment and can operate in both FDD and TDD modes.

設計ツール

ADRV9001 Design File Package (Last Updated 9/2022)
Download the complete design file resource package including RF ports s-parameters, IBIS models, BSDL files, PCB GERBER and CAD file, schematics, and bill of materials.