製品概要

機能と利点

  • 回路図、レイアウト、部品表、ガイバー・ファイル、HDL、Linux®ドライバ、IIOオシロスコープ、VisualANALOGを同梱
  • FMC互換のフォーム・ファクタ
  • FMCコネクタを通じて給電
  • 完全な同期機能を持つ2チャンネルADCおよび2チャンネルDACを内蔵

製品概要

AD-FMCDAQ2-EBZモジュールは、AD9680(デュアル、14ビット、1.0GSPSのJESD204B ADC)、AD9144(クワッド、16ビット、2.8GSPSのJESD204B DAC)、AD9523-1(14出力、1GHzクロック)、およびパワー・マネージメント部品で構成されています。このモジュールは、FMCコネクタを介して内部生成キャリア・プラットフォームによってクロックされ、完全に自己完結型のデータ・アクイジションおよびシグナル合成のプロトタイピング・プラットフォームを構成します。FMCのフットプリントで(84mm × 69mm)、モジュールの広帯域データ変換、クロック、電力の組み合わせが現実のハードウェアおよびソフトウェアに非常に近いものになっているため、シグナル・チェーン性能を損なうことなくシステムのプロトタイピングと設計を行うことができます。

アプリケーション

  • 電子試験装置および計測装置
  • 汎用ソフトウェア無線
  • レーダー・システム
  • 超広帯域衛星受信機
  • ポイントtoポイント通信システム

はじめに

AD-FMCDAQ2-EBZには、Linuxイメージが保存されたSDカードが同梱されています。ユーザに必要なのは、使用するFPGAボードに応じた適切なファイルをSDカードのフォルダからルートに移動するだけです。これを行い、FPGAボードがSDカードから起動する準備ができたら、AD-FMCDAQ2-EBZモジュールをHPC FMCスロットに差し込み、ボードをオンにすると起動準備が整います。

このボードの利点は、送信チャンネルと受信チャンネルが2つずつあるため、このデモを開始するために、送信と受信をループしIIOスコープで信号を確認するための2本のSMAケーブル以外の部品は不要であることです。

このボードに必要なすべての情報を収めたwikiページへのリンクは次のとおりです。

http://wiki.analog.com/resources/eval/user-guides/ad-fmcdaq2-ebz/quickstart

リファレンス・ボード

Reference Board: AD-FMCDAQ2-EBZ

Pin Hover over the colored pins to learn more about Analog Devices' products used on this board
ADP7104-3.3

High Accuracy 500mA LDO

ADP7104-3.3

High Accuracy 500mA LDO

ADP1755

1.2A Low Vin LDO

ADP1741

2 A LDO

ADP1740-1.2

2 A LDO

ADP2384

4 A Switcher

ADP2384

4 A Switcher

ADP150

Ultra Low Noice 150mA LDO

ADP150

Ultra Low Noice 150mA LDO

ADP7104-3.3

High Accuracy 500mA LDO

AD9144

DAC. 16 bit 2.5 GSPS

ADN4661

Buffer

ADN4661

Buffer

AD9680

ADC 14 bit 1 GSPS

AD7291

8 CH ADC

AD9523-1

Low Jitter Clock Generator

fmccdaq-ebz-circuit

ソフトウェア

評価ソフトウェア

JESD204 Interface Framework
Integrated JESD204 software framework for rapid system-level development and optimization
AD-FMCDAQ2-EBZ Software Documentation