AN-607: 狭帯域幅 (15 kSPS以下) Σ-Δ ADCの選択

はじめに

アナログ・デバイセズは、狭帯域で高分解能の Σ-Δ ADC を広範囲に提供しています。これらのデバイスは、ADC の他に、電流源、マルチプレクサ、PGA、アナログ入力バッファを内蔵しています。このアプリケーション・ノートでは、ADC を使う幾つかのアプリケーションついて説明し、さらに各アプリケーションに最適な ADC についても説明します。

ビット数

16 ビット:  AD7705AD7706AD7707AD7708AD7709AD7715AD7788AD7790AD7792AD7795AD7796AD7798

24 ビット: AD7710AD7711AD7711AAD7712AD7713AD7714AD7718AD7719AD7730AD7730LAD7731AD7732AD7734AD7738AD7739 、AD7782AD7783AD7787AD7789AD7791AD7793AD7794AD7797AD7799

マルチチャンネル・アプリケーション

高スループット: AD7731AD7734AD7738AD7739

低スループット: AD7708/AD7718AD7714AD7794/AD7795

温度測定

サーマル・ダイオード・アプリケーションと RTD アプリケーションの場合は、電流源が必要です。

熱電対: AD7714AD7719AD7792/AD7793AD7794/AD7795

サーマル・ダイオード: AD7709

RTD: AD7711AD7719AD7783AD7792/AD7793AD7794/AD7795

圧力測定

条件:比例動作向けの低レベルの差動アナログ入力と高レベルの差動リファレンス入力が必要です。オプション機能としては、温度補償に使用できる補助 ADC などがあります。

AD7710AD7714AD7719AD7730AD7798/AD7799

重量測定

条件:比例動作向けの低レベルの差動アナログ入力と高レベルの差動リファレンス入力が必要です。オプション機能としては、温度補償に使用できる補助 ADC、高速ステップ、AC 励起、リファレンス検出回路、フィルタの高い帯域外除去比などがあります。

AD7714AD7719 、AD7730AD7730LAD7796/AD7797 AD7798/AD7799

低消費電力

AD7705/AD7706AD7714 、 AD7715 、 AD7719 、 AD7787AD7788/AD7789AD7790 、 AD7791AD7792/AD7793AD7794/AD7795AD7796/AD7797AD7798/AD7799

高アナログ入力電圧(±10 V)

AD7707AD7712AD7732AD7734

レールtoレールのバッファ内蔵

AD7708/AD7718AD7709 、 AD7719 、 AD7782AD7783AD7787AD7790AD7791

バイポーラ入力(±2.5 V)

AD7710AD7711AD7712

ピン設定可能

AD7782AD7783

表1.狭帯域 Σ-Δ ADC の一覧
Part No. Bits p-p Resolution @ Max Range (Bits) p-p Resolution @ Data Rate (Hz) AIN Channels On-Chip PGA On-Chip AIN Buffer On-Chip Current Source AVDD/DVDD (V) Power Supply Current (mA) Price ($/1k) Comments
AD7701 16 16 4000 1 5 5 15.70 10 Hz bandwidth
AD7703 20 17 4000 1 5 5 13.26 10 Hz bandwidth
AD7705 16 16 60 2 Y Y 3/5 0.3 4.12
AD7706 16 16 60 3 Y Y 3/5 0.3 4.12
AD7707 16 16 60 3 Y Y 3/5 0.28 4.46
AD7708 16 16 20 10 Y Y 3/5 1.28 3.98
AD7709 16 16 20 4 Y Y Y 3/5 1.25 3.89
AD7710 24 17.5 60 2 Y 5 5 14.45
AD7711 24 17.5 60 2 Y Y 5 5 15.30 Two current sources
AD7711A 24 17.5 60 2 Y Y 5 5 15.30 One current source
AD7712 24 17.5 60 2 Y 5 5 13.20
AD7713 24 16 20 3 Y Y 5 0.7 16.15
AD7714 24 17.5 60 5 Y Y 3/5 0.35 8.28
AD7715 16 16 60 1 Y Y 3/5 0.35 5.65
AD7718 24 18.5 20 10 Y Y 3/5 1.28 5.24
AD7719 24 18.5 20 5 Y Y Y 3/5 1.5 8.76 Dual ADC
AD7730 24 17 200 2 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
13 11.60 Weigh scale
AD7730L 24 17 200 2 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
13 9.55 Weigh scale
AD7731 24 17 800 5 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
13.5 9.86
AD7732 24 16 2000 2 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
18 8.50 Fast channel switching
AD7734 24 16 2000 4 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
18 8.50 Fast channel switching
AD7738 24 16 8500 8 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
18 7.77 Fast channel switching
AD7739 24 16 4000 8 Y Y AVDD: 5
DVDD: 3/5
14 7.65 Fast channel switching
AD7782 24 18.5 20 2 Y Y 3/5 1.3 4.25 Read-only
AD7783 24 18.5 20 1 Y 3/5 1.3 4.25 Read-only
AD7787 24 19 16.6 2 Y 3/5 0.13 3.80 Low power
AD7788 16 16 16.6 1 3/5 0.065 1.99 Low power
AD7789 24 19 16.6 1 3/5 0.065 2.95 Low power
AD7790 16 16 16.6 1 Y 3/5 0.13 2.96 Low power
AD7791 24 19 16.6 1 Y 3/5 0.13 3.83 Low power
AD7792 16 16 16.6 3 Y Y Y 3/5 0.40 3.99 On-chip reference
AD7793 24 19 16.6 3 Y Y Y 3/5 0.40 5.10 On-chip reference
AD7794 24 19 16.6 6 Y Y Y 3/5 0.40 4.80 High channel count
AD7795 16 16 16.6 6 Y Y Y 3/5 0.40 4.40 High channel count
AD7796 16 15.5 16.6 1 Y Y 3/5 0.25 2.75 Weigh scale
AD7797 24 15.5 16.6 1 Y Y 3/5 0.25 3.35 Weigh scale
AD7798 16 16 16.6 3 Y Y 3/5 0.30 3.80 Weigh scale/pressure
AD7799 24 19 16.6 3 Y Y 3/5 0.38 4.35 Weigh scale/pressure

著者

Mary McCarthy

Mary McCarthy

Mary McCarthyは、アナログ・デバイセズのアプリケーション・エンジニアです。1991年に入社し、アイルランドのコークでリニアおよび高精度技術アプリケーション・グループにおいて、高精度シグマデルタ変換を中心に従事しました。1991年、ユニバーシティ・カレッジ・コークで電子および電気工学の学士号を取得して卒業しました。