ADXRS290
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADXRS290

2軸ジャイロセンサー、超低ノイズ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$11.65
特長
  • ピッチ・レートとロール・レートのジャイロセンサー
  • 超低ノイズ:0.004°/s/√Hz
  • 広い周波数範囲で高い振動除去機能
  • 低遅延:最も広い帯域幅の設定で30Hz入力の場合<0.5ms
  • シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)のデジタル出力
  • 設定可能なハイパス・フィルタとローパス・フィルタ
  • 2000gの加速度耐性
  • 動作電圧範囲:2.7V~5.0V
  • -25℃~+85℃動作範囲
  • キャビティ・ラミネート・パッケージ(4.5mm×5.8mm×1.2mm)

製品概要
show more Icon
ADXRS290は姿勢安定化のアプリケーション用に開発された高性能ピッチ / ロール(面内2軸)角速度センサーです。

ADXRS290の感度は200LSB/°/sで、フルスケール・レンジは±100°/sです。その共振ディスク・センサー構造により面内軸についてパッケージ側面に垂直な軸に対する角速度測定を可能にします。角速度データは、16ビットの2の補数データとしてフォーマット化され、SPIインターフェースを介してアクセスできます。ADXRS290のノイズ・フロアは0.004°/s/√Hzと低く、設定可能なハイパス・フィルタとローパス・フィルタを特徴としています。

ADXRS290は、18端子キャビティ・ラミネート・パッケージ(4.5mm×5.8mm×1.2mm)を採用しています。

アプリケーション

  • 手振れ防止機構
  • プラットホームの固定化
  • ウエアラブル製品

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$11.65

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADXRS290BCEZ
  • HTML
  • HTML
ADXRS290BCEZ-RL
  • HTML
  • HTML
ADXRS290BCEZ-RL7
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 4

reference details image

EVAL-MST-ISEB

Real Time Eval System for Digital Output Sensor

zoom

EVAL-MST-ISEB

Real Time Eval System for Digital Output Sensor

Real Time Eval System for Digital Output Sensor

製品の詳細

The iMEMS® Real Time Eval System is an easy-to-use evaluation tool targeting bench or desktop characterization of Analog Devices, Inc., inertial sensor products. The system consists of the inertial sensor evaluation board (ISEB), or main board, and a satellite board for any Analog Devices inertial sensor product. The ISEB connects directly to a PC via an USB cable, with the USB connection providing both communications and power to the board. The ISEB is connected to the satellite board through a ribbon cable. This cable allows the satellite to be easily manipulated for testing or separately placed into an environmental chamber for temperature or humidity testing. Separating the boards mitigates corruption of data due to the temperature and humidity effects of other components.

The ISEB is an universal main board and is intended to be used with various satellites of Analog Devices inertial sensors, including analog and digital accelerometers, as well as gyroscopes. The different products are evaluated by means of separate GUIs that are customized for performance and characterization measurements relevant to the inertial sensor being evaluated.

The EVAL-ADxZ-M system contains the ISEB and the EVAL-ADxZ-S satellite. Also included is an USB A to Mini-B cable to connect the ISEB to a PC and an 18-inch, 20-pin ribbon cable to connect the ISEB to the satellite.

reference details image

EVAL-ADXRS290

ADXRS290Z Evaluation Board

zoom

EVAL-ADXRS290

ADXRS290Z Evaluation Board

製品の詳細

The EVAL-ADXRS290Z is a simple evaluation board that allows quick evaluation of the performance of the ADXRS290 dual-axis angular rate sensor (gyroscope). The EVAL-ADXRS290Z has two sets of 0.1 inch spaced vias, for population of 5-pin headers, for access to all power and signal lines. The vias or headers allow the evaluation board to be attached to a prototyping board (breadboard). Four holes are provided for mechanical attachment of the EVAL-ADXRS290Z to the application. An external host processor is required for communication to the part.

The dimensions of the EVAL-ADXRS290Z are 20 mm × 20 mm with mounting holes set 15 mm × 15 mm at the corners of the printed circuit board (PCB).

Circuit Description

See the ADXRS290 data sheet for configuration of the accelerometer after it is connected to the application host processor.

The EVAL-ADXRS290Z has five factory installed capacitors The primary communications port is the 4-wire SPI interface.  For this device, external pull-up/pull-down resistors are not required for the SPI interface, and these pins can be connected directly to the system micro controller.

Handling Considerations

The EVAL-ADXRS290Z is not reverse polarity protected. Reversing the VS or VDD I/O supply and GND pins can cause damage to the ADXRS290.
Dropping the EVAL-ADXRS290Z on a hard surface can generate several thousand g’s of acceleration, which may exceed the data sheet absolute maximum limits. See the ADXRS290 data sheet for more information.



reference details image

EVAL-ADXRS290Z-M

ADXRS290Z-M Evaluation Board

zoom

EVAL-ADXRS290Z-M

ADXRS290Z-M Evaluation Board

ADXRS290Z-M Evaluation Board

機能と利点

  • Flexible inertial sensor evaluation platform
    Single main board operates with interchangeable satellite boards
    Separates DUT from controller for accurate environmental testing
  • Continuous stream to file data recording
  • Standard USB cable for power and communications
  • PC-based graphical user interface (GUI)
  • Fast, easy installation

製品の詳細

The iMEMS® ADXRS290 inertial sensor evaluation system is an easy-to-use evaluation tool targeting bench or desktop characterization of Analog Devices, Inc., inertial sensor products. The system consists of the inertial sensor evaluation board (ISEB), or main board, for any Analog Devices inertial sensor product. The ISEB connects directly to a PC via an USB cable, with the USB connection providing both communications and power to the board. The ISEB is connected to the satellite board through a ribbon cable. This cable allows the satellite to be easily manipulated for testing or separately placed into an environmental chamber for temperature or humidity testing. Separating the boards mitigates corruption of data due to the temperature and humidity effects of other components.

The ISEB is an universal main board and is intended to be used with various satellites of Analog Devices inertial sensors, including analog and digital accelerometers, as well as gyroscopes. The different products are evaluated by means of separate GUIs that are customized for performance and characterization measurements relevant to the inertial sensor being evaluated. Since the power consumption of gyro is relatively high compared with the accelerometers, different shunt resistor have to be used to detect its power consumption, the difference between ADXRS290 –M with other –M is just the circuits for detecting the power consumption of the gyroscope.

The EVAL-ADXRS290Z-M system contains the ISEB and the EVAL-ADXRS290Z-S satellite board. Also included is an USB A to Mini-B cable to connect the ISEB to a PC and an 18-inch, 20-pin ribbon cable to connect the ISEB to the satellite.

Online Resources

Evaluation Kit Contents
Mother board, satellite board
An USB A to Mini-B cable
An 18-inch, 20-pin ribbon cable

Documents Needed
ADXRS290 datasheet

Required Software
ISEB USB Driver
ISEB Run Time Engine
ADXRS290 Evaluation GUI Installer

Design and Integration Files
Schematics, layout files

Equipment Needed
PC running Windows
USB 2.0 port

reference details image

EVAL-ADXRS290-PMDZ

横滑り防止アプリケーションで使用できる、超低ノイズ2軸MEMSジャイロ・センサー

zoom

EVAL-ADXRS290-PMDZ

横滑り防止アプリケーションで使用できる、超低ノイズ2軸MEMSジャイロ・センサー

横滑り防止アプリケーションで使用できる、超低ノイズ2軸MEMSジャイロ・センサー

機能と利点

  • ピッチおよびロール速度ジャイロ・センサー)
  • 超低ノイズ:0.004°/s/√Hz
  • 広い周波数範囲で優れた振動除去機能を提供
  • 2000gの電力衝撃耐性
  • スタンバイ・モードの消費電流80µA
  • シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)デジタル出力
  • プログラマブル・ハイパス/ローパス・フィルタ
  • PMODフォーム・ファクタ:

製品の詳細

PMOD互換のADXRS290評価用/プロトタイピング・ボードは、小型で低価格の2軸ジャイロ・センサー測定ボードです。プロトタイピングの際、このボードはADICUP3029開発プラットフォームと組み合わせて使用​​します。電気的および物理的に直接接続できるため、ハードウェアとソフトウェアをすぐに使い始めることができ、ソリューションの開発に役立ちます。

SPI PMODペリフェラル・コネクタは、多くのサード・パーティ製MCUまたはFPGA開発ボードにも搭載されています。ADXRS290-PMDZは、これらのシステムに直接接続できるほか、提供されるADI参照コードを使用して独自のアプリケーション・コードを開発できます。

最近閲覧した製品