ADL5354
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADL5354

2200 MHz~2700 MHz、デュアル平衡型ミキサー、LOバッファ、IFアンプ、RFバラン

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • RF周波数範囲: 2200 MHz~2700 MHz
  • IF周波数範囲: 30 MHz~450 MHz
  • 電力変換ゲイン: 8.6 dB
  • SSBノイズ係数: 10.6 dB
  • 入力IP3: 26.1 dBm
  • 入力P1dB: 10.6 dBm
  • LO電力: 0 dBm (typ)
  • シングルエンド50 ΩのRF入力ポートおよびLO入力ポート
  • 高いアイソレーションのSPDT LO入力スイッチ
  • 単電源動作: 3.3 V~5 V
  • エクスポーズト・パッド付きの36ピン6 mm × 6 mm LFCSPパッケージを採用
  • 1500 V HBM/500 V FICDMのESD性能
製品概要
show more Icon

ADL5354は、RFおよびローカル発振器(LO)とシングルエンド動作を可能にする平衡回路を内蔵した、直線性の優れたダブル平衡型受動ミキサー・コアです。ADL5354はRFバランを内蔵するため、2200 MHz~2700 MHzのRF入力周波数範囲で最適性能を可能にします。平衡型受動ミキサー回路は、−37 dBm (typ)以下の優れたLO―RF間リークと優れた相互変調性能を提供します。また、平衡型ミキサー・コアは極めて優れた入力直線性も提供するため、入力直線性が不十分な場合に帯域内阻止信号によりダイナミック性能が低下してしまう厳しい携帯電話アプリケーションでこのデバイスを使用することができます。優れた直線性を持つIFバッファ・アンプにより、受動ミキサー・コアは8 dB (typ)の電力変換ゲインを持つことができるため、広い範囲の出力インピーダンスで使用することができます。

ADL5354は2つの切り替えLOパス持っています。これらは、2つのローカル発振器を切り替える必要のある時分割多重(TDD)アプリケーションで使用することができます。LO電流は外部から抵抗を使って設定することができるため、所要レベルの性能に合わせてDC電流を小さくすることができます。低電圧アプリケーションの場合、ADL5354は最小3.3 Vの電圧で動作できるため、電流を大幅に削減することができます。低電圧動作に対して、必要に応じて回路をパワーダウン(約300 μA)させるロジック・ピンが用意してあります。

ADL5354はBiCMOS高性能ICプロセスで製造されています。このデバイスは6 mm × 6 mm、36ピンLFCSPを採用し、−40°C~+85°Cの温度範囲で動作します。評価用ボードも提供しています。

アプリケーション

  • 携帯電話基地局レシーバ
  • 送信監視レシーバ
  • 無線回線のダウンコンバータ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5354

ADL5354 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADL5354

ADL5354 Evaluation Board

製品の詳細

ADL5354-EVALZ is a fully populated, 4-layer, Rogers 3003-based evaluation board. It requires a 5 V/350 mA or 3.3 V/200 mA power supply for normal operation. The power supply should be connected to the clip leads labeled VCC and GND. All signal ports are populated with edge-mounted SMA connectors. MAIN_IN and DIV_IN are the RF input ports of main and diversity channels. LO1_IN and LO2_IN are input ports for common local oscillators. LO2_IN is enabled when the LOSEL clip lead is logic low. LO1_IN is enabled when LOSEL is pulled to logic high. MAIN_OUTP and DIV_OUTN are the output ports configured for single-ended evaluation on each channel via a transformer. MAIN_OUTN and DIV_OUTP are provided for differential interface evaluation. Power down feature is available for power supply at or under 3.6 V.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品