最新情報 (1)

製品概要

機能と利点

  • 低位相ノイズ、フェーズ・ロック・ループ(PLL)
    内蔵VCOのチューニング範囲:2.55GHz~2.95GHz
  • オプションの外付けVCO / VCXO(最大2.4GHz)
  • 1個の差動 / 2個のシングルエンド・リファレンス入力
  • リファレンス監視機能
  • 自動復帰および手動のリファレンス・スイッチオーバー/ホールドオーバー・モード
  • 1.6GHzのLVPECL出力の2つのペア
    各ペアでコース位相遅延を設定できる1~32分周器を共用
    追加出力ジッタ:225fS rms
    チャンネル間スキュー・ペア出力:<10ps
  • 最大250MHzのLVPECL、LVDS、またはCMOSリファレンスが入力可能
  • PFDへのパスのプログラマブルな遅延
  • 選択可能なデジタルまたはアナログのロック検出
  • 2ペアの800MHz LVDSクロック出力)
    各ペアでカスケード接続された2個の1~32分周器(コース位相遅延が設定可能)を共用
    追加出力ジッタ:275fS rms
    各LVDS出力のファイン遅延調整(ΔT)
  • 各LVDS出力は2つの250MHz CMOS出力として再構成可能
  • 電源投入時にすべての出力が自動同期
  • 手動出力同期が可能
  • 詳細はデータシートをご参照ください。

製品概要

AD9517-0*は、ピコ秒以下のジッタ性能のマルチ出力クロック分配機能を備えており、PLLとVCOを内蔵しています。VCOのチューニング周波数レンジは2.55~2.95GHzです。オプションとして、外付けのVCO / VCXO(最大2.4GHz)を使用できます。

AD9517-0は、低ジッタと低位相ノイズに重点を置き、データ・コンバータの性能を最大限に高めます。位相ノイズ / ジッタ条件の厳しいその他のアプリケーションでも、このデバイスが役に立ちます。

AD9517-0には、4つのLVPECL出力(2つのペア)、4つのLVDS出力(2つのペア)が備わっています。各LVDS出力は2つのCMOS出力として再構成することができます。LVPECL出力は1.6GHzまで、LVDS出力は800MHzまで、CMOS出力は250MHzまで動作します。

追加の出力、クリスタル・リファレンス入力、遅延ゼロまたはスタートアップ時の自動構成するためのEEPROM、を必要とするアプリケーションのためにはAD9520とAD9522を使うことが可能となります。更にAD9516とAD9518はAD9517と同等ICですが、異なる組み合わせの出力を備えています。

それぞれの出力ペアには分周器があり、分周比とコース遅延(または位相)の両方を設定できます。LVPECL出力の分周比の指定範囲は1~32です。LVDS / CMOS出力では、最大1024までの分周比を設定できます。

AD9517-0は48ピンLFCSPを採用しており、3.3V単電源で動作します。外付けのVCOには拡張電圧範囲が必要ですが、チャージ・ポンプ電源(VCP)を5Vに接続することで対応できます。LVPECLには、2.5V~3.3V(公称)の別電源を利用できます。

AD9517-0の動作は-40~+85℃の工業用温度範囲で仕様が規定されています。

アプリケーション

  • 低ジッタ、低位相ノイズのクロック分配
  • ソネット、同期式イーサーネット、OUT2 / 3 / 4を含む10 / 40 / 100Gb / secネットワーク・ライン・カード
  • フォーワード・エラー・補正(G.710)
  • 高速ADC、DAC、DDS、DDC、DUC、MxFE用クロック
  • 高性能無線トランシーバ
  • ATEおよび高性能計測器

 

* このデータシートでは、AD9517と記載されている場合、すべてのAD9517ファミリ製品を意味します。ただし、AD9517-0と記載されている場合は、AD9517ファミリの特定の製品を意味します。

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

参考資料

  • すべてを表示 (37)
  • データシート (1)
  • アプリケーション・ノート (12)
  • ユーザ・ガイド (1)
  • 評価ボード回路図 (1)
  • FAQ (1)
  • セレクション・ガイド (1)
  • 技術記事 (6)
  • プレス・リリース (1)
  • 珍問/難問集 (13)
  • アプリケーション・ノート
    FAQ
    珍問/難問集

    ツール

    IBIS Models

    AD9517-x IBIS Models

    設計ツール

    ADIsimCLK 設計・評価 ソフトウェア

    ADIsimCLKはアナログ・デバイセズの超低ジッタのクロック分配器とクロック生成用製品向けに開発された設計ツールです。ADIsimCLKを使用すれば、ワイヤレス・インフラストラクチャ、計測器、ネットワーキング、ブロードバンド、ATE(自動試験装置)あるいはクロック性能が予測可能であることが求められるあらゆる分野のアプリケーションで、設計を迅速に開発、評価、最適化できます。

    おすすめ製品

    AD9517-0 互換製品

    推奨製品 Reference Clean Up PLL

    推奨製品 リファレンス・バッファ

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    PCN-PDN Information

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明

     

     

     

    評価用ボード

    表示されている価格は、1個あたりの価格です。

    analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。