製品概要

機能と利点

  • 高速
    • -3 dB 帯域幅: 350 MHz
    • スルーレート: 1200 V/µs
  • 抵抗でゲインの設定が可能
  • 内部コモンモード帰還回路
  • 改善されたゲインおよび位相バランス: -68 dB @ 10 MHz
  • 出力コモンモード電圧設定用の独立した入力ピン
  • 低歪み: SFDR: -99 dBc @ 5 MHz、800 Ω 負荷
  • 低消費電力:10.7 mA @ 5 V
  • 電源電圧範囲: +2.7 V ~ ±5.5 V
  • AEC-Q100 認定済み(AD8132W)

製品概要

AD8132は、抵抗でゲインを設定できる低価格の差動アンプで、差動又はシングルエンド入力から差動出力を得ます。AD8132のオペアンプに対する主な利点は、差動入力を備えたA/Dコンバータの駆動や長いラインの信号駆動です。AD8132はユニークな内部帰還機能を持っております。この機能は出力ゲインと位相を一致させて、10MHzで-68dBのバランスを与え、EMI 放射と高調波を抑圧します。 

アナログ・デバイセズの次世代XFCBバイポーラ・プロセスによって製造されており、-3dB帯域幅は350MHzで、低価格にもかかわらず5MHzでは-99dBcのSFDRを持った差動信号を出力します。AD8132を使えば、高性能A/Dコンバータでのトランスが不要で、低周波およびdcの情報も保持します。差動出力のコモンモード電圧レベルはVOCMピンに印加する電圧によって設定でき、単電源のA/Dコンバータを駆動するにあたって、入力信号を容易にレベル・シフトできます。高速なオーバーロード・リカバリ特性はサンプリング精度を維持します。 

また、AD8132は差動ドライバとして、低価格のツイストペアーケーブルや同軸ケーブルで高速信号を伝送するために使うことができます。フィードバック回路は、信号の高周波数領域成分の増加調整として使うことができます。AD8132はアナログ、デジタルのビデオ信号のどちらにでも、あるいはその他の高速データの伝送に使うことができます。AD8132は、カテゴリ3またはカテゴリ5のどちらのツイストペアでも、あるいは同軸ケーブルを、最小限のライン減衰で駆動する能力を備えています。AD8132は、デスクリートのライン・ドライバ・ソリューションの改良品として大幅なコスト・パフォーマンスを備えた製品です。 

差動信号処理は、グランドを基準としたシステムでの厄介なグランド・ノイズの影響を低減します。AD8132は、差動とシングルエンド信号の部品の間における変換が容易で、信号チェーンを通して差動信号処理(ゲインとフィルタリング)として使うことができます。 

AD8132Wは車載グレードのバージョンでAEC-Q100に基づき125℃動作で認定されています。詳細についてはオートモーティブ製品セクションを参照してください。 

AD8132は、8ピンSOICと8ピンMSOPパッケージの両方が用意されており、拡張工業用温度範囲–40℃~+125℃にわたって動作します。 

アプリケーション
  • 低消費電力、差動A/Dコンバータ・ドライバ
  • 差動の増幅と差動フィルタリング
  • ビデオ ライン・ドライバ
  • 差動入力/出力のレベル・シフト
  • シングルエンド入力信号を差動出力のドライバに変換
  • アクティブ・トランス
  • オートモーティブ・ドラーバー・アシスタンス
  • オートモーティブ・インフォテイメンション

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ドキュメント

ツール

Sys-Parameters

Sys-Parameter Models for Keysight Genesys

Sys-Parameter models contain behavioral parameters, such as P1dB, IP3, gain, noise figure and return loss, which describe nonlinear and linear characteristics of a device.

SPICE Models

設計ツール

ADI DiffAmpCalc™

ADIの差動アンプ用設計ツール「ADI DiffAmpCalc」は、システム設計者の皆さまに、無料でダウンロードしてお使いいただけます。このツールは、これまで何時間もかかかっていた差動アンプの設計時間を数分に短縮します。

ADIsimRF

アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。