製品概要

機能と利点

  • 高速動作
    140 MHz帯域幅(3 dB、G = +1)
    120 MHz帯域幅(3 dB、G = +2)
    35 MHz帯域幅(0.1 dB、G = + 2)
    スルーレート: 2,500 V/µs
    0.1%へのセトリング・タイム: 25 ns (2 Vステップ)
    0.01%へのセトリング・タイム: 65 ns (10 Vステップ)
  • 優れたDC高精度 
  • 入力オフセット電圧:最大3 mV
  • 低歪み: 10 MHzでTHD = -74 dB
  • 優れたビデオ性能(RL = 150 Ω)
    微分ゲイン: 0.10%、微分位相: 0.01°
    電圧ノイズ: 1.9 nVvHz
  • 柔軟な動作
    ±5 V動作と±15 V動作に対して仕様を規定
    75 Ω負荷に対する出力振幅:±2.3 V(VS = ±5 V)

製品概要

AD811は、放送品質のビデオ・システム向けに最適化された広帯域電流帰還オペアンプです。AD811は、ゲイン= +2かつRL = 150 Ωで-3 dB帯域幅= 120 MHz、微分ゲイン= 0.01%、微分位相= 0.01°であるため、すべてのビデオ・システムに対する優れた選択肢になっています。AD811は、微分ゲイン誤差と微分位相誤差を小さくする他に、35 MHz (G = +2)の帯域幅に対して0.1 dBの厳しいゲイン平坦性仕様を満たすようにデザインされています。この性能は、バック・ターミネーションされた75 Ωケーブルを1本または2本によらず16.5 mAの小さい電源電流で駆動することにより実現されています。さらに、AD811の仕様は±4.5 V~±18 Vの電源範囲で規定されています。

また、AD811は過渡応答が重要となるパルス・アプリケーションに対しても優れています。このデバイスでは、最大スルーレートは2500 V/µs以上を、セトリング・タイムは2Vステップに対して0.1%へ25 ns、10Vステップに対して0.01%へ65 nsを、それぞれ実現しています。

AD811は、最大10 MHzまでの低歪みと広いユニティ・ゲイン帯域幅を持つため、データ・アクイジション・システムでのADCバッファまたはDACバッファとして最適です。AD811は電流帰還アンプであるため、この帯域幅を広い範囲のゲインで維持することができます。また、AD811の電圧ノイズおよび電流ノイズはそれぞれ1.9nV/√Hzおよび20 pA/√Hzと低く、さらに広いダイナミックレンジのアプリケーションに対して優れたDC精度を提供します。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

AD811

SPICE Models

設計ツール

ADIsimPEリニア/ミックスド・シグナル回路シミュレータ – パーソナル・エディション

SIMetrix/SIMPLISを装備したADIsimPEは、迅速な市場投入を、限られたリソースで求められている顧客向けにリニアおよびミックスド・シグナル回路のシミュレーション環境を提供します。標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。SIMPLIS(SIMulation Piecewise-Linear System)モードは、標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。特にスイッチング電源やPLL、A/DコンバータやD/Aコンバータなどのアプリケーションに適しています。

アナログ・フィルタ・ウィザード

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。 このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。プロセスが終了すると、部品表やSPICEネットリスト作成されます。

アナログ・フォトダイオード・ウィザード

フォトダイオード・ウィザードを用いて、アプリケーションに最適なアンプを選択して設計することができます。ウィザードを使用するには、設計の仕様(電源電圧、フォトダイオード特性、帯域幅、必要な精度など)を入力します。さらに使用するアンプを選択すると、回路図、誤差バジェット、ノイズ解析、部品表(BOM)、SPICEネットリストなど、全ソリューションを確認することができます。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。