類似製品

製品概要

機能と利点

  • Jタイプの校正(AD594)またはKタイプの校正(AD595) 
  • Tタイプ熱電対にも使用可能 
  • 低インピーダンス電圧出力:10mV/℃ 
  • 冷接点補償回路内蔵 
  • 広い電源電圧範囲:+5V~±15V 
  • 低消費電力:<1mW(typ)
  • 熱電対異常アラーム 
  • 1℃の精度を実現するレーザ・トリミング 
  • セット・ポイント・モード動作 
  • 摂氏換算動作 
  • 高インピーダンス、差動入力 
  • セラミックまたは低価格サーディップ・パッケージ

製品概要

AD594は、フル機能の計装アンプと熱電対用冷接点補償機能を1つのモノリシック・チップ上に搭載しています。あらかじめキャリブレーションしたアンプに氷点リファレンスを組み合わせることで、高レベルの出力(10mV/℃)を熱電対信号から直接生成します。

ジャンパ線によるピン接続オプションにより、リニア・アンプ/補償器として使用することも、固定またはリモートの設定値制御を使用する切り替え出力設定値コントローラとして使用することもできます。また、補償電圧を直接増幅することができるため、低インピーダンス電圧出力を備えたスタンドアローンの摂氏温度トランスデューサとしても利用できます。

AD594は、片方または両方の熱電対ピンがオープンになっているかどうかを通知する熱電対障害アラームを備えています。アラームの出力は柔軟なフォーマットを備え、TTLの駆動も可能です。

AD594はシングルエンドの電源(+5Vなど)から電力を供給できます。また、負電源を備えているため、0℃未満の温度を測定できます。自己発熱を最小限にするため、無負荷では通常、総消費電流160µAで駆動しますが、負荷に±5mA以上を供給する能力もあります。

AD594は、タイプJ(鉄–コンスタンタン)の熱電対の特性に適合するよう、レーザ・ウエハー・トリミングによってあらかじめキャリブレーションされています。この温度トランスデューサの電圧とゲインの制御抵抗は端子出力されているため、2~3個の抵抗を追加して熱電対のタイプに合わせて再キャリブレーションできます。これらの端子を使えば、熱電対と温度計いずれも、さらに正確なキャリブレーションが可能になります。

AD594は2つの性能グレードで提供しています。キャリブレーション精度は、Cバージョンは±1℃、Aバージョンは3℃です。両方とも0~+50℃で使用可能な設計になっており、14ピンのハーメチック・シールドのサイドブレーズ・セラミックおよび低価格のサーディップ・パッケージで提供しています。

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明