AD2420
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

AD2420

A2Bラスト・イン・ライン・スレーブ2xPDM XCVR

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
機能
A2Bバス機能
  • ライン・トポロジ
    • 単一マスタ、複数スレーブ
    • ノード間は最大15m、ケーブル全長は最大40m
  • 遠距離通信
    • 同期データ
      • マルチチャンネルI2S/TDM - I2S/TDM
      • 同期クロック、すべてのノードで位相をアライン
      • 低遅延スレーブ間通信
    • 制御およびステータス情報I2C - I2C
    • GPIOと割込み
  • バス電源またはローカル電源スレーブ・ノード
  • SigmaStudio グラフィカル・ソフトウェア・ツールを使用して設定可能
  • オートモーティブ・アプリケーション向けのAEC-Q100認定済み
A2Bトランシーバー機能
  • 設定可能なA2Bバス・マスタまたはスレーブ動作
  • I2Cインターフェース
  • 8ビット~32ビット・マルチチャンネルI2S/TDMインターフェース
    • プログラマブルI2S/TDMデータ・レート
    • 最大32個のアップストリームおよび32個のダウンストリーム・チャンネル
  • PDMインターフェース
    • プログラマブルPDMクロック・レート
    • 最大4個の高ダイナミック・レンジ・マイクロフォン入力
  • 最大4個のPDMマイクロフォンを使用したI2Sデータの同時受信
  • トランシーバーごとに一意のIDレジスタ
  • クロスオーバーまたは直線ケーブル
  • EMC性能を最適化するプログラマブル設定
製品概要
show more Icon

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)には、ノード間が最大15mの長距離マルチチャンネルI2S/TDMリンクが装備されています。双方向同期パルス・コード変調(PCM)データ(デジタル・オーディオなど)、クロック、同期信号を1本のワイヤ・ペアに埋め込みます。A2Bでは、直接ポイントtoポイント接続がサポートされ、様々な場所にある複数のデイジーチェーン・ノードが、時分割マルチプレクサ(TDM)チャンネル・コンテンツを提供したり、利用したりできます。

A2Bは、単一マスタ、複数スレーブのシステムであり、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成します。マスタA2Bトランシーバーは、設定とリードバックのために制御ポート(I2C)経由でプログラマブルです。この制御ポートの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、スレーブ・トランシーバー上のレジスタおよびステータス情報への直接アクセスが可能になります。また、I2CおよびI2C間の遠距離通信も可能になります。

トランシーバーは、マルチチャンネルI2S/TDMインターフェースを通じて、汎用デジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)、フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)、特定用途向け集積回路(ASIC)、マイクロフォン、A/Dコンバータ(ADC)、D/Aコンバータ(DAC)、コーデックに直接接続できません。最大4個のパルス密度変調(PDM)デジタル・マイクロフォンに直接接続するためのPDMインターフェースも用意されています。

最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給します。

表1. 製品比較ガイド
機能 AD2420/
AD2420W
AD2426/
AD2426W
AD2427/
AD2427W
AD2428/
AD2428W
AD2429/
AD2429W
マスタに適合 いいえ いいえ いいえ はい はい
検出可能なスレーブ数1 N/A N/A N/A 最大10 最大2
機能TRXブロック Aのみ Aのみ A + B A + B Bのみ
I2S/TDMのサポート いいえ いいえ いいえ はい はい
PDMマイクロフォン入力 マイク2個2 マイク4個 マイク4個 マイク4個 マイク4個
最大ノード間ケーブル長 5m 15m 15m 15m 5m

1 N/Aは適用なしを意味します。
2 PDMマイクロフォンはDRX0/IO5ピンに接続する必要があります。

アプリケーション

  • オーディオ通信リンク
  • マイクロフォン・アレイ
    • ビームフォーミング
    • ハンズフリーおよび車載通信
  • アクティブ/ロード・ノイズ・キャンセレーション
  • オーディオ/テレビ会議システム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD2420BCPZ
  • HTML
  • HTML
AD2420KCPZ
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

7 5, 2022

- 21_0271

Qualification of an Alternate Adhesive Material and Molding Compound for Select LFCSP Packages

11 16, 2022

- 22_0092

Obsolescence of AD2420/W & AD2429/W products

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

7 5, 2022

- 21_0271

arrow down

Qualification of an Alternate Adhesive Material and Molding Compound for Select LFCSP Packages

11 16, 2022

- 22_0092

arrow down

Obsolescence of AD2420/W & AD2429/W products

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 6

reference details image

ADZS-AD2428MINI

AD2428 MINIブレークアウト・ボード(32ピンおよび100ピンのコネクタ)

zoom

ADZS-AD2428MINI

AD2428 MINIブレークアウト・ボード(32ピンおよび100ピンのコネクタ)

AD2428 MINIブレークアウト・ボード(32ピンおよび100ピンのコネクタ)

機能と利点

  • AD2428W A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)トランシーバー
    • マルチチャンネルI2S/TDMインターフェース
  • マスタ・モードおよびリモート・モード(ローカル電源およびバス電源)
  • EV-SOMCRR-EZKITと接続するための100ピン・コネクタ
  • A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)用「ブレークアウト・ボード」
    • お客様独自の設計と接続するための32ピンの0.1インチ・ヘッダー
  • EEPROM
  • LT8620 – 2A、降圧スイッチング・レギュレータ
  • 電源、ステータス、GPIO、および割り込みLED

製品の詳細

ADZS-AD2428MINIは、EV-SOMCRR-EZKIT (100ピン・コネクタ経由)または特別仕様の任意のボード(32ピンの0.1インチ・ヘッダー経由)と接続できる低価格のミニ・ブレークアウト・ボードです。マスタ・ノード機能およびリモート・ノード機能に加えて、バス電源構成およびローカル電源構成もサポートしています。

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)システムは、単一マスタと1つ以上のスレーブで構成されており、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタ・トランシーバーは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成し、設定とリードバックのために制御バス(I2C)経由でプログラマブルです。この制御バスの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、ホストがスレーブ・トランシーバー・レジスタと、スレーブ・ノード上のあらゆる2C接続ペリフェラルに直接接続できるようになります。

トランシーバーは、PDMマイクロフォンと、I2CおよびマルチチャンネルI2S/TDMインターフェース経由で多数のペリフェラルに接続できます。最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給するため、バス給電スレーブ・ノードに電源が必要なくなります。特定のA2Bシステムに使用できる設定が数多くあるため、以下の表に要約するように、システム動作を確認するために複数の評価システムを組み合わせて使用できます。

製品比較ガイド
A2B評価用ボード マスタ/スレーブ 電源
I2S/TDM PDMマイク
EVAL-AD2428WD1BZ マスタ/スレーブ ローカル あり 3
EVAL-AD2428WB1BZ スレーブ バス あり 2
EVAL-AD2428WC1BZ スレーブ バス なし 4
EVAL-AD2428WG1BZ スレーブ ローカル あり 0
 ADZS-AD2428MINI  マスタ/スレーブ ローカル/バス  あり   0

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの販売代理店にお問い合わせください。

reference details image

EVAL-AD2428WG1BZ

ローカル電源A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、PDMなし)

zoom

EVAL-AD2428WG1BZ

ローカル電源A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、PDMなし)

ローカル電源A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、PDMなし)

機能と利点

  • AD2428W A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)トランシーバー
    • A2Bスレーブ動作
    • マルチチャンネルI2S/TDMインターフェース
    • ローカル給電
      • LT3505 - 1.2 A、降圧スイッチング・レギュレータ
      • LT1965 - 1.1 A、低ノイズ、低ドロップアウト・リニア・レギュレータ
  • ADAU1761 SigmaDSP®ステレオ、低電力、96kHz、24ビット・オーディオ・コーデック(PLLを内蔵)
  • EEPROM
  • 電源、ステータス、GPIO、および割り込みLED
  • プッシュボタン割り込み発生

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。

製品の詳細

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)システムは、単一マスタと1つ以上のスレーブで構成されており、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタ・トランシーバーは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成し、設定とリードバックのために制御バス(I2C)経由でプログラマブルです。この制御バスの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、ホストがスレーブ・トランシーバー・レジスタと、スレーブ・ノード上のあらゆる2C接続ペリフェラルに直接接続できるようになります。トランシーバーは、PDMマイクロフォンと、I2CおよびマルチチャンネルI2S/TDMインターフェース経由で多数のペリフェラルに接続できます。最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給するため、バス給電スレーブ・ノードに電源が必要なくなります。特定のA2Bシステムに使用できる設定が数多くあるため、以下の表に要約するように、システム動作を確認するために複数の評価システムを組み合わせて使用できます。

製品比較ガイド
A2B評価用ボード マスタ/スレーブ
I2S/TDM PDMマイク
EVAL-AD2428WD1BZ マスタ/スレーブ ローカル はい 3
EVAL-AD2428WB1BZ スレーブ バス はい 2
EVAL-AD2428WC1BZ スレーブ バス いいえ 4
EVAL-AD2428WG1BZ スレーブ ローカル はい 0

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。

reference details image

EVAL-AD2428WD1BZ

A2B®マスタまたはローカル電源スレーブ・ノード(I2S/TDM、3個のPDMマイク)

zoom

EVAL-AD2428WD1BZ

A2B®マスタまたはローカル電源スレーブ・ノード(I2S/TDM、3個のPDMマイク)

A2B®マスタまたはローカル電源スレーブ・ノード(I2S/TDM、3個のPDMマイク)

機能と利点

  • AD2428W A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)トランシーバー
    • A2Bマスタまたはスレーブとしてプログラマブル
    • マルチチャンネルI2S/TDMインターフェース
    • 3個のPDMマイクロフォン入力
    • ローカル給電
      • LT8609 – 2A/3Aピーク同期降圧レギュレータ(2.5μA静止電流を使用)
      • LTC4040 – 2.5Aバッテリ・バックアップ・パワー・マネージャ
      • LTC3621 – 1A同期降圧レギュレータ
      • LTC3121 – 1.5A同期昇圧DC/DCコンバータ
    • SigmaStudioグラフィカル・ソフトウェア・ツールを使用して設定可能
  • ADAU1452 SigmaDSP®デジタル・オーディオ・プロセッサ
  • ADAU1761 SigmaDSPステレオ、低電力、96kHz、24ビット・オーディオ・コーデック(PLLを内蔵)
  • リセット、ステータス、および割り込みLED
  • ジャンパ・コントロール
    • 電源、クロック、および同期信号源
    • データ・ルーティング

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。




製品の詳細

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)システムは、単一マスタと1つ以上のスレーブで構成されており、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタ・トランシーバーは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成し、設定とリードバックのために制御バス(I2C)経由でプログラマブルです。この制御バスの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、ホストがスレーブ・トランシーバー・レジスタと、スレーブ・ノード上のあらゆる2C接続ペリフェラルに直接接続できるようになります。トランシーバーは、PDMマイクロフォンと、I2CおよびマルチチャンネルI2S/TDMインターフェース経由で多数のペリフェラルに接続できます。最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給するため、バス給電スレーブ・ノードに電源が必要なくなります。特定のA2Bシステムに使用できる設定が数多くあるため、以下の表に要約するように、システム動作を確認するために複数の評価システムを組み合わせて使用できます。

製品比較ガイド
A2B評価用ボード マスタ/スレーブ
I2S/TDM PDMマイク
EVAL-AD2428WD1BZ マスタ/スレーブ ローカル はい 3
EVAL-AD2428WB1BZ スレーブ バス はい 2
EVAL-AD2428WC1BZ スレーブ バス いいえ 4
EVAL-AD2428WG1BZ スレーブ ローカル はい 0

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。


reference details image

EVAL-AD2428WB1BZ

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、2個のPDMマイク)

zoom

EVAL-AD2428WB1BZ

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、2個のPDMマイク)

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDM、2個のPDMマイク)

機能と利点

  • AD2428W A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)トランシーバー
    • A2Bスレーブ動作
    • マルチチャンネルI2S/TDMインターフェース
    • 2個のPDMマイクロフォン入力
    • A2Bバス経由で給電
  • ADAU1761 SigmaDSP®ステレオ、低電力、96kHz、24ビット・オーディオ・コーデック(PLLを内蔵)
  • ステータスおよび割り込みLED
  • プッシュボタン割り込み発生

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。

製品の詳細

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)システムは、単一マスタと1つ以上のスレーブで構成されており、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタ・トランシーバーは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成し、設定とリードバックのために制御バス(I2C)経由でプログラマブルです。この制御バスの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、ホストがスレーブ・トランシーバー・レジスタと、スレーブ・ノード上のあらゆる2C接続ペリフェラルに直接接続できるようになります。トランシーバーは、PDMマイクロフォンと、I2CおよびマルチチャンネルI2S/TDMインターフェース経由で多数のペリフェラルに接続できます。最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給するため、バス給電スレーブ・ノードに電源が必要なくなります。特定のA2Bシステムに使用できる設定が数多くあるため、以下の表に要約するように、システム動作を確認するために複数の評価システムを組み合わせて使用できます。

製品比較ガイド
A2B評価用ボード マスタ/スレーブ
I2S/TDM PDMマイク
EVAL-AD2428WD1BZ マスタ/スレーブ ローカル はい 3
EVAL-AD2428WB1BZ スレーブ バス はい 2
EVAL-AD2428WC1BZ スレーブ バス いいえ 4
EVAL-AD2428WG1BZ スレーブ ローカル はい 0

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。


reference details image

EVAL-AD2428WC1BZ

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDMなし、4個のPDMマイク)

zoom

EVAL-AD2428WC1BZ

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDMなし、4個のPDMマイク)

バス給電A2B®スレーブ・ノード(I2S/TDMなし、4個のPDMマイク)

機能と利点

  • AD2428W A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)トランシーバー
    • A2Bスレーブ動作
    • A2Bバス経由で給電
  • 4個のPDMマイクロフォン入力(INMP621)
  • GPIO LED

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。

製品の詳細

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)システムは、単一マスタと1つ以上のスレーブで構成されており、ホスト・コントローラにあるトランシーバーがマスタになります。マスタ・トランシーバーは、すべてのスレーブ・ノードのクロック、同期、フレーミングを生成し、設定とリードバックのために制御バス(I2C)経由でプログラマブルです。この制御バスの延長部分がA2Bデータ・ストリームに埋め込まれており、ホストがスレーブ・トランシーバー・レジスタと、スレーブ・ノード上のあらゆる2C接続ペリフェラルに直接接続できるようになります。トランシーバーは、PDMマイクロフォンと、I2CおよびマルチチャンネルI2S/TDMインターフェース経由で多数のペリフェラルに接続できます。最後の点として、トランシーバーではA2Bバス給電機能もサポートされています。この機能では、マスタ・ノードが、通信リンクに使用されるのと同じデイジーチェーン・ツイスト・ペア・ワイヤ・ケーブルを介して電圧と電流をスレーブ・ノードに供給するため、バス給電スレーブ・ノードに電源が必要なくなります。特定のA2Bシステムに使用できる設定が数多くあるため、以下の表に要約するように、システム動作を確認するために複数の評価システムを組み合わせて使用できます。

製品比較ガイド
A2B評価用ボード マスタ/スレーブ
I2S/TDM PDMマイク
EVAL-AD2428WD1BZ マスタ/スレーブ ローカル はい 3
EVAL-AD2428WB1BZ スレーブ バス はい 2
EVAL-AD2428WC1BZ スレーブ バス いいえ 4
EVAL-AD2428WG1BZ スレーブ ローカル はい 0

追加の製品情報やテクニカル・サポートについては、最寄りの認定アナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。


reference details image

ADZS-AUDIOA2BAMP

A2B®クラスDアンプ・モジュール

zoom

ADZS-AUDIOA2BAMP

A2B®クラスDアンプ・モジュール

A2B®クラスDアンプ・モジュール

機能と利点

  • SSM3582高効率クラスDアンプ2個
    • 入力:4モノ(または2ステレオ)チャンネル、音源:
      • A2B経由で接続されたSHARC® オーディオ・モジュール(または別のA2Bソース)
      • 12ピン・ヘッダに接続されたTDM I2Sソース
    • 出力:それぞれ15Wのアンプ・スピーカ・チャンネル4個またはそれぞれ50Wの「ブリッジ」アンプ・チャンネル2個。各SSM3582の仕様は次のとおりです。
      • 2× 14.67W出力、4Ω負荷への12V電源、<1% THD + N
      • 1× 49.69W出力、2Ω負荷への16V電源、<1% THD + N
    • 2.1オーディオ構成をサポートするため、クラスDアンプ・ブリッジ・モードを使用可能
  • AD2428W低遅延A2Bオーディオ・バス・トランシーバー
    • ツイスト・ワイヤ・ペア・ケーブル(内蔵)経由でSHARCオーディオ・モジュール(または別のA2Bソース)に接続
    • I/Oピンに接続された2個のプッシュボタン(任意のA2Bノードにより検出可能)
    • LEDに接続された2個のGPIOピン(任意のシステムA2Bノードにより駆動可能)
  • 7.1および他のスピーカ構成をサポートするため、A2B経由で直列接続して8個のアンプ出力チャンネルを提供可能
  • A2B経由で接続された追加のモジュールまたはSHARCオーディオ・モジュール拡張ポートに直接接続されたフィンを使用して更に拡張可能 
  • SHARCオーディオ・モジュール・ベア・メタル・オーディオ・フレームワークおよびSigmaStudio® A2Bソフトウェアパッケージに完全統合されたA2Bソフトウェアおよびドライバ

製品の詳細

A2BクラスDアンプ・モジュールは、アナログ・デバイセズの低遅延A2Bオーディオ・バス技術を活用しており、システム内の接続されたA2BノードからのA2Bバス経由でオーディオを受け入れるAD2428W A2Bトランシーバー(A2Bスレーブとして機能)を特徴としています。ADZS-AUDIOA2BAMPモジュールは、受け取ったA2Bデータを、高効率なデジタル入力ステレオSSM3582クラスDオーディオ・アンプのペアに移します。オーディオはアンプにデジタル転送され、デジタル環境における信号破損の可能性を最小限に抑えます。詳細については、 SSM3582 のデータシートを参照してください。

A2BクラスDアンプ・モジュールはA2Bスレーブ・ノードであるため、SHARC®オーディオ・モジュールや A2Bマスタ評価ボードなど、マスタ・ノードを搭載したA2Bシステムに組み込む必要があります。 A2BクラスDアンプ・モジュールは、付属のA2Bツイスト・ワイヤ・ペア・ケーブルを使用して接続します。

最近閲覧した製品