製品概要

機能と利点

  • 200 kHz 未満から 56 MHz までのチャンネル帯域幅に対応し、広い周波数範囲(70 MHz ~ 6.0 GHz)でソフトウェアによるチューニングが可能
  • 送信経路と受信経路での位相および周波数同期
  • 高いチャンネル密度
  • 1 個の FMC コネクタから給電
  • MIMO 無線に対応。ADC と DAC の両方で 1 未満サンプリング同期
  • 回路図、レイアウト、部品表、HDL、Linux ドライバ、アプリケーション・ソフトウェア
  • スペクトラム固有の設計が可能なアドオン・カードに対応(PA、LNAなど)

製品概要

AD-FMCOMMS3-EBZ は、3G / 4G 基地局や試験装置アプリケーション、ソフトウェア無線など、RF アプリケーションを想定した高性能、高集積化 RF トランシーバー AD9361 をベースに開発された高速アナログ・モジュールです。そのプログラマビリティと広帯域により、幅広いトランシーバー・アプリケーションに最適です。RF フロント・エンドに柔軟なミックスド・シグナル・ベースバンド・セクションや内蔵の周波数シンセサイザを組み合わせ、プロセッサや FPGA との設定可能なデジタル・インターフェースを提供することにより、設計を簡素化します。AD9361は 70 MHz ~ 6 GHz の範囲で動作し、ほとんどの認可帯域と無認可帯域をカバーします。サンプル・レート、デジタル・フィルタ、デシメーションを変更することにより、200 kHz 未満から 56 MHz までのチャンネル帯域幅に対応します。すべて、AD9361 内でプログラム可能です。

AD-FMCOMMS3-EBZ は、AD-FMCOMMS2-EBZ よりも広いチューニング範囲で単一プラットフォームを使用したいソフトウェア開発者やシステム設計者に最適です。この基板は RF 性能だけを追求するものではなく、超広帯域フロント・エンドが大きな特長です。データシートの仕様は2.4 GHz で満たしますが、これは基板で対応できる RF チューニング範囲の全体ではありません。プラットフォームで対応する範囲全体(70 MHz ~ 6 GHz)の一般的な性能データは、基板の文書に記載されています。この基板は主にシステム調査を目的としており、ソフトウェア・チームからさまざまな波形を収集してからカスタム・ハードウェアを完成させるときに活躍します。設計者の目的は波形を確認することにあり、性能の最後の 1 dB または 1% EVM まで追求するわけではありません。性能重視のプラットフォームについては、 AD-FMCOMMS2-EBZ を参照してください。

はじめに

 AD-FMCOMMS2/3/4/5-EBZ Zynq and ZED Quick Start Guide には、AD-FMCOMMS2-EBZ、AD-FMCOMMS3-EBZ、AD-FMCOMMS4-EBZ、AD-FMCOMMS5-EBZ のセットアップ方法に関する簡単な説明が記載されています(ダウンロードとセットアップには多少の時間がかかります)。

リファレンス・ボード

Reference Board: AD-FMCOMMS3-EBZ

Pin Hover over the colored pins to learn more about Analog Devices' products used on this board
ADP1755

Low Vin / Vout LDO

ADP2164

4 A, synchronous, step-down dc-to-dc regulator

ADP1755

Low Vin / Vout LDO

AD7291

12-bit, low power,8-channel, SAR ADC

AD9361

High performance, RF Agile Transceiver™

AD_FMCOMM2S2_RevC

推奨システム動作環境

Prerequisites for the AD-FMCOMMS2/3/4/5 をご参照ください。

ハードウェア (3)

ドーター・ボード

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。