LTM4658
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LTM4658

低入力電圧、高効率10A降圧DC/DC μModuleレギュレータ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$9.96
特長
  • 小型表面実装の4mm × 4mm × 4.32mm LGAパッケージ
  • Silent Switcher®(サイレント・スイッチャ)2アーキテクチャ
  • 超低EMIノイズ
  • 入力電圧範囲:2.25V~5.5V
  • 出力電圧範囲:0.5V~VIN
  • 10A DC出力電流
  • 電流モード制御、高速過渡応答
  • 複数のLTM4658と多相並列電流共有
  • 電圧トラッキングによる出力ソフトスタート
  • 外部周波数同期
  • パルススキッピング・モードを選択可能
  • パワーグッド・インジケータ
  • ダイ温度モニタリング出力
  • 過電流、過電圧および過熱からの保護
製品概要
show more Icon

LTM4658は、4mm × 4mm × 4.32mmの小型LGAパッケージに収容されたフル機能10A降圧スイッチング・モードμModule®レギュレータです。パッケージには、スイッチング・コントローラ、パワーMOSFET、インダクタ、その他のサポート部品が含まれています。LTM4658は、2.25V~5.5Vの入力電圧範囲で動作し、外付け抵抗で設定する、出力電圧範囲0.5V~VINをサポートしています。高い効率の設計になっており、10A連続出力電流を供給します。必要なのはセラミック入出力コンデンサのみです。

LTM4658は、ホット・ループ・バイパス・コンデンサを2個内蔵したSilent Switcher(サレント・スイッチャ)2アーキテクチャを採用しており、高いスイッチング周波数で低EMIと高効率を実現します。

LTM4658はまた、周波数の同期、多相動作、選択可能なパルススキッピング・モード動作と、電源シーケンシング用の出力電圧トラッキングもサポートしています。スイッチング周波数が高い電流モード・アーキテクチャにより、安定度を保ったままラインや負荷の変動に対して非常に高速な過渡応答を実現します。

故障保護機能には、過電圧、過電流と過熱の保護が含まれます。LTM4658は鉛フリーでRoHSに準拠しています。

アプリケーション

  • テレコム、データ通信、ネットワーク・システム
  • 光学モジュール
  • 産業用機器
  • ポイント・オブ・ロード・レギュレーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$9.96

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LTM4658EV#PBF
  • HTML
  • HTML
LTM4658EY#PBF
  • HTML
  • HTML
LTM4658IV#PBF
  • HTML
  • HTML
LTM4658IY#PBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

DC2861A

LTM4658 | 低入力電圧、高効率、10A降圧DC/DC μModuleレギュレータ

zoom

DC2861A

LTM4658 | 低入力電圧、高効率、10A降圧DC/DC μModuleレギュレータ

LTM4658 | 低入力電圧、高効率、10A降圧DC/DC μModuleレギュレータ

製品の詳細

デモ回路2861Aは、高効率の10A降圧パワーμモジュール®レギュレータLTM4658を搭載しています。入力電圧範囲は2.25V~5.5Vです。出力電圧範囲は0.5V~VINです。特定のVIN、VOUT、周波数および熱条件ではディレーティングが必要です。DC2861AにはSSTTピンがあり、出力のトラッキング、ソフトスタート時間、およびダイ温度のモニタリングをプログラムできます。

MODE/SYNCピンでは、スイッチング周波数を外部クロックと同期するか、クロックを出力するか、あるいはPWMモードを設定します。1MHz~2.25MHzの外部クロックと同期できます。PWMモードでは、低ノイズの強制連続モードまたは軽負荷の高効率パルススキッピング(PS)モード​で動作します。同期している間、LTM4658はデフォルトで強制連続モードになります。FREQピンとMODE/SYNCピンの両方がVINに接続されている場合は、パルススキッピング・モードで動作します。

LTM4658には内部の補償回路があり、あらゆるセラミック出力コンデンサも含め、幅広い出力コンデンサで十分な安定性マージンを確保でき、優れたトランジェント性能が得られます。

10Aを超える電流を必要とする出力負荷に対しては、複数のLTM4658を並列化して異なる位相で動作させることで、入力および出力の電圧リップルを抑えたまま、出力電流の量を増加できます。

デモ回路DC2861Aを使用または変更する前には必ず、デモ・マニュアルと併せてLTM4658のデータシートを参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspiceデモ用回路集の実行方法

ステップ1: LTSpiceをダウンロードし、インストールしてください。

ステップ2: 下のセクションのリンクをクリックし、デモ用回路をダウンロードしてください。

ステップ3: 下のリンクをクリックしてもLTSpice が自動的に開かない場合は、リンクを右クリックし、“Save Target As”(対象をファイルに保存)を選択する方法でもシミュレーションを実行できます。ファイルを保存したら、LTSpiceを起動し、"File"メニューから"Open"を選択してデモ用回路を開いてください。

最近表示した製品