製品概要

機能と利点

  • 帯域幅:100kHz~1400MHz
  • 1MHzでのOIP3:54.4dBm(差動負荷:100Ω)
  • 150MHzでのOIP3:48.0dBm(差動負荷:100Ω)
  • 出力電力:最大15dBm
  • 240MHzでのNF:3.0dB
  • 1/fノイズのコーナー周波数が低い
  • ユーザー定義の低周波数
  • 固定電力利得:15.2dB
  • AグレードはOIP3を150MHzで全数検査済み
  • 全入力ノイズ:0.8nV/√Hz
  • 線形出力振幅:>2.75VP-P
  • P1dB = 22.5dBm
  • VCCの変動の影響を受けない
  • 入力/出力が内部で100Ωの差動インピーダンスに整合
  • 5V単電源
  • DC消費電力 = 850mW
  • 無条件に安定

製品概要

LTC6432-15は、高分解能の高速A/Dコンバータを駆動する目的で設計された超高ダイナミックレンジの差動利得ブロック・アンプです。スペクトラム的に効率のよい複雑な変調方式の場合や、ブロッカまでの抵抗が重要である場合、完全にGHz台の数値が得られるデータ帯域幅を実現します。この独特なデバイスは、低ノイズ、無類の直線性、100kHz~1GHz帯域での平坦な利得を同時に達成することができます。

広帯域のGaAs PHEMT、MESFET、およびGaN FETとは異なり、このSiGeベースのアンプは1/fノイズが低く、最小100kHzまで使用することができます。

LTC6432-15は、使いやすく、必要な周辺部品が最小限で済むように設計されています。インピーダンス整合、温度補償、およびバイアス制御を内部処理して、環境の変化に対して安定した性能を確保します。

LTC6432-15の全てのAグレード・デバイスは、OIP3が150MHzでテストされ、保証されています。LTC6432-15は、熱管理のためと低インダクタンスを実現するため、露出パッドの付いた4mm×4mm、24ピンQFNパッケージに収容されています。

同様な性能を持つ50ΩシングルエンドIF利得ブロックの場合は、関連製品のLTC6433-15を参照してください。


アプリケーション

  • 帯域幅1GHzの差動ADCドライバ
  • 広帯域幅のテスト機器アンプ
  • 差動IFアンプ
  • 50Ω/75Ω平衡型IFアンプ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

LTC6432-15 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明