オペアンプ(OPアンプ)

オペアンプ(OPアンプ)はすべてのアナログ・シグナル・チェーンにおける重要な部品であり、多くの場面で、センサーと当社の世界トップクラスのADC間を接続する重要な部品として機能しています。アナログ・オペアンプの一般的な機能には、ゲイン、バッファリング、フィルタリング、レベル・シフトなどが含まれます。アナログ・デバイセズのオペアンプのポートフォリオは、業界でもトップクラスの幅広い選択肢を提供しており、オートモーティブ市場、産業用市場、コンスーマ市場、およびヘルスケア市場で最適化ソリューションを実現するための優れた品質、堅牢性、および性能を実現しています。 オペアンプをパラメータで検索し、オペアンプに関するリファレンス設計(Circuits from the Lab®)、設計ツール、セレクション・ガイド、フィルタ設計、計算ツール、LTSpice®/SPICEモデルなどを通じて、設計上の問題に関する専門家からのシステムレベルのアドバイスを入手してください。

Linear & Precision Technology: New Product UpgradesView Brochure

アナログ・フィルタ・ウィザード 設計ツール

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。 このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのゲイン帯域幅やノイズ、電源電流などのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。

アナログ・フィルタ・ウィザード