ADM488
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

ADM488

RS485トランシーバ、5V、低消費電力、スルーレート制限、全二重、250kbps

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 6
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • EIA RS-485規格に適合
  • データ・レート:250kbps
  • 単電源動作:5V±10%
  • バス・コモンモード・レンジ:-7V~+12V
  • EFT(電気高速トランジエント)プロテクション:2kV(IEC1000-4-4に適合)
  • 入力インピーダンス:12kΩ
  • 高EM(電磁)耐性:IEC1000-4-3に適合
  • 低EM干渉のためのスルーレート低減
  • 短絡回路保護
  • 優れたノイズ耐性
  • 供給電流:30μA

製品概要
show more Icon

ADM488およびADM489は、マルチポイント・バス伝送ライン上の通信に適した、低消費電力の差動ライン・トランシーバです。

この2つのデバイスは、平衡データ伝送用に設計され、EIA標準RS-485とRS-422に準拠しています。どちらも1個の差動ライン・ドライバと1個の差動ライン・レシーバを搭載し、全二重データ伝送に適しています。

ADM489には、レシーバ/ドライバ・イネーブル制御機能が追加されています。

ADM489の入力インピーダンスは12kΩで、32個までのトランシーバをバスに接続できます。

ADM488/ADM489は+5V±10%単電源で動作します。バス競合や出力の短絡に起因する過剰消費電力は、サーマル・シャットダウン回路で防止します。この機能により、不良条件下で内部ドライバ回路に大きな温度上昇を検出したときに、ドライバの出力を強制的にハイ・インピーダンス状態にします。

レシーバはフェイルセーフ機能を備えており、入力を接続していないとき(開放したままの状態)にロジック出力はハイになります。ADM488/ADM489は、低消費電力のCMOSと高速スイッチング・バイポーラ技術が結合した高度なミックスド・テクノロジー・プロセスのBiCMOSで製造されています。

ADM488/ADM489は工業用温度範囲で完全に仕様規定しており、DIP、SOIC、およびTSSOPパッケージで提供しています。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 6
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADM488AN
  • HTML
  • HTML
ADM488AR
  • HTML
  • HTML
ADM488AR-REEL7
  • HTML
  • HTML
ADM488ARZ
  • HTML
  • HTML
ADM488ARZ-REEL
  • HTML
  • HTML
ADM488ARZ-REEL7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

8 19, 2009

- 07_0024

Package Material Changes for SOT23, MiniSO, MQFP, PDIP, PLCC, SOIC (narrow and wide body), SSOP, TSSOP and TSSOP exposed pad

12 19, 2011

- 10_0081

ADI Corporate Obsolescence Notice - May 2010

ADM488AN

製造中止

ADM488AR

製造中止

ADM488AR-REEL7

製造中止

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

8 19, 2009

- 07_0024

arrow down

Package Material Changes for SOT23, MiniSO, MQFP, PDIP, PLCC, SOIC (narrow and wide body), SSOP, TSSOP and TSSOP exposed pad

12 19, 2011

- 10_0081

arrow down

ADI Corporate Obsolescence Notice - May 2010

ADM488AN

製造中止

ADM488AR

製造中止

ADM488AR-REEL7

製造中止

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-RS485FD8EBZ

Standard RS-485 Full-Duplex (8-lead SOIC) Evaluation Board, EVAL-RS485FD8EBZ

zoom

EVAL-RS485FD8EBZ

Standard RS-485 Full-Duplex (8-lead SOIC) Evaluation Board, EVAL-RS485FD8EBZ

Standard RS-485 Full-Duplex (8-lead SOIC) Evaluation Board, EVAL-RS485FD8EBZ

製品の詳細

The EVAL-RS485FD8EBZ allows quick and easy evaluation of full-duplex RS-485 transceivers with standard 8-lead SOIC footprints. The evaluation board allows interfacing via screw terminal block to digital I/O for driver input (DI) and receiver output (RO). Bus signals A, B, Y and Z (full-duplex bus) can be connected to a bus screw terminal block. Termination resistors are fitted across A and B, as well as Y and Z. These can be connected in half-duplex configuration (A to Y, B to Z), in order to evaluate the RS-485 driver. Footprints are provided for pull-up and pull-down (biasing resistors) on the receiver inputs in order to provide the option to evaluate an RS-485 receiver with this configuration.

Devices for evaluation on the board must be ordered separately.

最近閲覧した製品