類似製品

製品概要

機能と利点

  • シングル・チップ・ソリューション、発振器および電圧リファレンスを内蔵
  • 調整が一切不要
  • ハーフ・ブリッジ、4線LVDTをインターフェース可能
  • DC出力は、位置と比例関係
  • 20 Hz~20 kHzの周波数範囲
  • ユニポーラまたはバイポーラ出力
  • また、ACブリッジ信号もデコード可能
  • 並外れた性能
    直線性:0.05%
    出力電圧:±11V
    ゲイン・ドリフト:20ppm/°C(typ)
    オフセット・ドリフト:5ppm/°C(typ)

製品概要

AD698は、全機能内蔵、モノリシック、リニア・バリアブル・ディファレンシャル・トランス(LVDT)用のシグナル・コンディショニング・サブシステムです。この製品は、機械的なトランスジューサの位置を、高精度かつ高再現性を持った、ユニポーラまたはバイポーラのDC電圧に変換するために、LVDTと共に使われます。全ての回路機能が、チップ上に含まれています。若干の外部受動部品を加えることで、周波数とゲインを設定し、AD698は、生のLVDT出力をスケーリングしたDC信号に変換します。このデバイスは、ハーフ・ブリッジのLVDT、反対方向で直列に接続した構成のLVDT(4線)、およびRVDTと共に動作します。

AD698は、主にLVDTをドライブするための低ひずみのサイン波発振器を含んでいます。AD698の2つの同期したデ・モジュレーション・チャンネルは、プライマリおよびセカンダリの振幅を検出するために使われます。この製品は、プライマリの振幅によってセカンダリの出力を割り算し、スケール・ファクタと乗算します。これは、プライマリ・ドライブの振幅内のドリフトに起因するスケール・ファクタ誤差を取り除き、温度性能および安定化を改善します。

AD698は、LVDTインターフェースの従来からのアプローチに関連した幾つかの欠点を除去するため、独自のレシオメトリック・アーキテクチャを用いています。この新しい回路の利点には以下のような点があります:一切の調整は不要、温度安定性の改善、トランスジューサの互換性の改善

AD698には2種類のグレードがあります。

グレード 温度範囲 パッケージ
AD698AP –40°C to +85°C 28ピンPLCC
AD698SQ –55°C to +125°C 24ピン・サーディップ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

リファレンス・デザイン (1)

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明