AD9175
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

AD9175

デュアル、11ビット/16ビット、広帯域チャネライザ搭載12.6GSPS RF DAC

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$235.40
特長
  • マルチバンド・ワイヤレス・アプリケーションをサポート
    • RF DACごとに3チャンネルのバイパス可能な複素データ入力チャンネル
    • 入力チャンネルあたり3.08GSPSの最大複合入力データ・レート、11ビット分解能
    • 1入力チャンネルあたり1個の独立したNCO
  • 独自の低スプリアス/低歪み設計
    • 2トーンIMD3 = −83dBc(1.84GHz、−7dBFS/トーンRF出力時)
    • SFDR <−80dBc(1.84GHz、−7dBFS RF出力時)
  • 8レーン、15.4Gbpsの柔軟なJESD204Bインターフェース
    • シングルバンドおよびマルチバンドの用途をサポート
    • データ・スループットを増やすための12ビット高密度モードをサポート
  • 複数のチップの同期
    • JESD204Bのサブクラス1をサポート 
  • 一連の入力データ・レートに対応する選択可能なインターポレーション・フィルタ
    • 構成可能データ・チャンネル・インターポレーション:1×、2×、3×、4×、6×、8×
    • 構成可能最終インターポレーション:1×、2×、4×、6×、8×、12×
  • DACレートで動作する48ビットの最終NCOで最大6GHzの周波数シンセシスをサポート
  • 伝達有効化関数による、さらなる節電と後段回路の保護
  • 高性能、低ノイズPLLクロック逓倍器
    • 12.6GSPS DAC更新レートをサポート
    • 分周比を選択可能なオブザベーションADCクロック・ドライバ
  • 低消費電力
    • 12GSPS、DAC PLLオンでの2 DACで2.54W
  • 10mm × 10mm、金属増強サーマル・リッド付き144ボールBGA_ED、0.80mmピッチ
製品概要
show more Icon

AD9175は、最大12.6GSPSのDACサンプル・レートをサポートする高性能なデュアル16ビットD/Aコンバータ(DAC)です。15.4Gbpsの8レーンJESD204Bデータ入力ポート、高性能オンチップDACクロック逓倍器に加えて、DC~無線周波数(RF)のシングルバンドとマルチバンドのワイヤレス・アプリケーションを対象としたデジタル信号処理機能を特徴としています。

AD9175には、RF DAC複素データあたり3つの複合データ入力チャンネルが搭載されています。各入力チャンネルは完全にバイパス可能です。各データ入力チャンネル(またはチャネライザ)は、設定変更可能なゲイン段、インターポレーション・フィルタ、チャンネル数値制御発振器(NCO)を備えているので、マルチバンド周波数の設計を柔軟に行えます。AD9175は、最大3.08GSPS複素数(同相/直角位相(I/Q))または最大3.4GSPS非複素数(実数)の入力データ・レートがサポートされている他、個々の処理に割り当てられたチャンネルに対して複数の複素数入力データ・ストリームを配分する機能があります。3つのチャネライザの各グループは、必要に応じて追加処理のため各メイン・データパスに集計されます。各メイン・データパスでは、RF DACコアの前に、1個のインターポレーション・フィルタと1個の48ビット・メインNCOが備わっています。変調器スイッチを使用すると、メイン・データパスの出力を、DAC0だけに転送して単一DACとして動作させることも、DAC0およびDAC1の両方に転送してデュアル中間周波数DAC(IF DAC)として動作させることもできます。

また、AD9175は超広帯域幅データ・レート・モードもサポートしており、チャネライザとメイン・データパスをバイパスし、デュアル11ビットDACとして最大データ・レート3.4GSPSを提供できます。

AD9175は144ボールBGA_EDパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • ワイヤレス通信インフラストラクチャ
    • マルチバンド基地局無線
    • マイクロ波/Eバンド・バックホール・システム
  • 計測器、ATE(自動試験装置)
  • レーダーと電波妨害装置

製品のハイライト

  1. 低消費電力のマルチチャンネル・デュアルDAC設計により、高帯域幅アプリケーションやマルチチャンネル・アプリケーションにおいて、性能を維持しながら消費電力を削減できます。
  2. RF DACごとに3チャンネルのバイパス可能な複素データ・チャンネルによって、シングルバンドおよびマルチバンドのワイヤレス・アプリケーションをサポート、あるいは内蔵変調器スイッチを使用するときに2つのメイン・データパスを2つの広帯域複素データ・チャンネルとして使う構成をサポートします。
  3. 最大複素データ・レート(IまたはQあたり)は、11ビット分解能で最大3.08GSPS、16ビット分解能で最大1.23GSPSです。また、AD9175はデュアルDACとして構成可能で、各DACは個別のJESD204Bリンクを通して前述のデータ・レートで動作することができます。
  4. 超広帯域幅のシングルDACモードでは、11ビット分解能で12ビットSERDESパッキングの場合、3.4GSPSの最大データ・レートがサポートされます。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$235.40

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD9175BBPZ
  • HTML
  • HTML
AD9175BBPZRL
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-AD917x

AD917x 評価用ボード

zoom

EVAL-AD917x

AD917x 評価用ボード

製品の詳細

AD9171、AD9172、AD9173の評価用ボードは、FMC コネクタを備えた FMC フォーム・ファクタのボードで、Vita 57.1 規格に準拠しています。FMCボードはDAC出力にMini-Circuits社のバランを使用します。

評価用ボードを動作させるには、ボードを互換性のある FMC キャリア・ボード(FPGA ベンダーによって提供されたボードなど)に取り付ける必要があります。アナログ・デバイセズでは、ADS7-V2 と呼ばれる FPGA キャリアを製造しています。これは、デジタル・パターン・ジェネレータやデータ・ソースとして、さらにボードの電源としても機能します。AD917x 用ボードは、特別な NCO 専用モードで使用するとラボの電源で駆動できるオプションを備えています。DAC の出力は、スペクトラム・アナライザで監視する必要があります。評価用ボードでは、低ノイズのクロック源である HMC7044 クロック・シンセサイザが提供されるほか、それに代わってユーザがクロック源として低ジッタの外部正弦波クロックまたは矩形波クロックを供給できるオプションもあります。評価用ボードには ACE と呼ばれるソフトウェアが付属しており、これを使って SPI ポートをプログラミングすることができます。SPI ポートを介して、DUT(およびクロック回路)を各動作モードのいずれにもプログラミングできます。この評価ボードにはベクタ生成、ダウンローダ、ADS7-V2を使う時に評価ボードへ転送するためのDPGダウンローダを含むDAC 統合ソフトウエアが付いてます。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 3

最近閲覧した製品