製品概要

機能と利点

  • ArduinoとPMODフォームファクターに対応
  • 低消費電力のARM Cortex M3
  • オープンソースIDEツール
  • 外部デバッガー/エミュレーター・ツールが不要

製品概要

EVAL-ADICUP360は、ArduinoとPMODに対応したフォームファクター開発支援用ボードです。このボードは、オープンソースのEclipseをベースとするインタラクティブな開発環境(IDE)であり、無料でダウンロード可能な、CrossCore Embedded Studioを用いています。プラットフォームには多数のハードウェアやソフトウェアのプロジェクト例が入っており、利用できるすべてのエコシステムを使って、システムやソリューションの試作/開発が容易にできます。


EVAL-ADICUP360は、オンボードのメインデバイスとしてADuCM360 Arm Cortex-M3を用いています。チップにはデュアル24ビット・シグマ・デルタ・コンバータが集積されており、デジタル、アナログ両方のアプリケーションで非常に柔軟に利用できます。

ソフトウェア

Software Development Tools

CrossCore® Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、ARMの各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

ハードウェア (17)

ドーター・ボード

5 ドーター・ボード すべて表示

Reference Designs

12 Reference Designs すべて表示

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。