車載用の双方向DC/DCコントローラ、12V/12Vのデュアルバッテリによる冗長構成に対応

背景

自動運転車という革命的な製品の実用化に向けて、これまでにないレベルのスピードで技術開発が進められています。自動車メーカーは、現在注目を集めているベンチャー企業だけでなく、GoogleやUber Technologiesといった大手技術企業とも提携するようになりました。それにより、一般道や高速道路に変化をもたらすと共に、将来のスマート・シティの枠組みの構成要素である次世代の自動運転車を迅速に開発しようとしているのです。そのための手段として、マシン・ラーニング(機械学習)やIoT(Internet of Things)、クラウド・コンピューティングといった最先端の技術も活用しようとしています。

より重要なのは、UberやLyftらが既に提供している民間の相乗りサービスと自動運転車により、産業界の再構築が進むと予想されることです。そうした動きに関連する一部の企業が集結し、インテリジェントで無人の自動車が重要な輸送手段になる新たな世界が創造されようとしています。

 

続きはこちら
(個人情報の入力が必要です)

Bruce Haug

Bruce Haug

Bruce Haugは、1980年にサンノゼ州立大学で電気工学の学士号を取得しました。2006年4月に、製品マーケティング・エンジニアとしてLinear Technology(現アナログ・デバイセズ)に入社しました。Cherokee International、Digital Power、Ford Aerospaceなどでの勤務経験があります。私生活では、スポーツに熱心に取り組んでいます。