LTM8028 - 36V入力、UltraFast低出力ノイズ5AのμModuleレギュレータ

LTM8028は、データ・コンバータや高速トランシーバに給電するために設計された、出力リップル1mVμModule(マイクロモジュール)レギュレータ です。低出力リップルにより、高速データ・トランシーバのランダム・ジッタを最小限に抑え、優れたビット・エラー・レート(BER)を実現します。A/Dコンバータ(ADC)に給電する際、LTM8028のSFDR(spurious free dynamic range)が標準的な降圧レギュレータよりも13dB優れていることが試験で示されています。このμModuleレギュレータは、36Vの同期整流式降圧スイッチャを備え、15mm x 15mm x 4.92mmの小型BGAパッケージで5Aリニア・ポストレギュレータに給電します。リニア・レギュレータの電力損失と電圧降下を最小限に抑えるため、リニア・レギュレータは内部の同期整流式レギュレータの出力電圧を自動的に調整します。

 

 

 

LTM8028は、0A5Aの負荷範囲と21℃~115℃の周囲温度範囲での合計偏差がわずか5mVという優れたレギュレーションを維持します。負荷トランジェントが0.5A5Aの場合、出力電圧の偏差は1.2Vの出力に対して約±30mVです。

 

 

 

負荷が5Aの場合、LTM8028はスイッチング周波数で最大-73dBmのスプリアスを生じます。これと同じ負荷での定常状態の出力リップルは1mV未満です。

 

 

1.8Vの最大出力電圧で負荷が5Aの場合、LTM8028の温度上昇分は、12V入力でわずか+33℃、24V入力では+37℃です。