TMCL-IDE

TMCL-IDEは、Trinamic Motion Control Language-Integrated Development Environmentの略称です。ADI Trinamicのモジュールとチップを使用したアプリケーションを開発するための統合開発環境です。このGUIが備えるツールを利用して、パラメーターを簡単に設定したり、リアルタイムでデータを視覚化したり、TMCLを使用したスタンドアロン・アプリケーションの開発とデバッグを行ったりできます。

「TMCLは非常に柔軟な言語です。このことは、短期間で開発を終わらせる必要がある一方で柔軟性を保ちたい場合に、重要なポイントとなります。これは私たちにとって非常に重要です。なぜなら、あるソリューションを試して、それが適切なソリューションではなかった場合も、ハードコーディングされていないためコンポーネントの動作を簡単に変更して適応させることができるからです。」

Jonathan Aubert氏(Andrew Alliance、電子工学エンジニア)

全文を読む

無料で使いやすいGUI

ADI Trinamicの無料で使いやすいGUIは、業界をリードするADI Trinamicソリューションに基づくアプリケーション開発に最適です。この柔軟な統合開発環境では、ウィザードの手順に従ってダイレクト・モードのコマンドを使用でき、データの記録と保存に加え、リアルタイムの動作をグラフに視覚化して監視できます。すべての設定を簡単にエクスポートして、お客様独自のファームウェア・プロジェクトで使用できます。モーション・コントロールについては、開発プログラムで簡単なコマンドを使用することでモーション・コントローラのすべての関連パラメータを配置して設定できるため、ファームウェアとアプリケーションの開発を加速できます。

一般的なインターフェースのサポート

ADI Trinamicのモジュールまたは評価用ボードは、USB、RS-232、RS-485、CAN、更にADI Trinamicリアルタイム・モニタリング・インターフェース(RTMI)など、様々なインターフェースを使用して接続できます。USBインターフェースを備えた製品の場合、USBで直接接続できます。TMCL-IDEが製品を自動的に認識します。RS-232、RS-485、CANのいずれかのインターフェースを備えたモジュールの場合、対応するインターフェースをPCに取り付ける必要がありますが、その際には数多くの標準的な既製インターフェースを使用できます。また、リアルタイム・モニタリングとオンザフライ・デバッグを可能にするRTMIインターフェースをサポートする一部の製品では、USB-2-RTMIアダプタが必要です。

最新のTMCL-IDEのダウンロード

TMCLAsm

TMCLAsmは、TMCLが実行されるすべての製品に対応したコマンド・ライン・ツールで、TMCLプログラム・ファイルをバイナリ・ファイルに変換できます。この機能はTMCL-IDEにも統合されています。TMCL-IDEの場合、TMCL Creatorを使用して出力をバイナリ・ファイルに出力できますが、TMCLAsmを使用すると、ADI Trinamicが提供している標準プログラムを使用せずに、TMCLプログラムをコンパイルして多数のTMCLモジュールをまとめて自動的にプログラムする必要がある運用環境に対応できます。

TMCLAsmのダウンロード

TMCL-IDEでグラフとログ・データを使用する方法

TMCL-IDEの詳細

内容

X+

TMCL-IDEには次のものが含まれます。

  • TMCLプログラムの作成と変更に使用するテキスト・エディタ
  • TMCLのアセンブラおよび逆アセンブラ
  • TMCLモジュール・プログラマ
  • モジュールの構成を対話的な方法で簡単に設定できる機能
  • ダイレクト・モードでTMCLコマンドを入力および実行できるダイアログ・ウィンドウ
  • モジュールのファームウェアをアップデートする機能
  • すべてのデータをログに記録するオプション

サポートされるインターフェース

X+

TMCL-IDEでは次のインターフェースがサポートされます。

  • USB
  • RS-232
  • RS-485
  • ステップ/方向
  • CAN
    • CAN-USB/2(ESD)
    • Leaf Light v2(Kvaser)
    • IPEH-002021(Peak)
    • Ixxat(USB-to-CAN V2およびUSB-to-CAN V2 Compact)
  • RTMI

ADI Trinamicインターフェース・アダプタの詳細については、インターフェースとプロトコルのページを参照するか、評価用キットをチェックしてください。

取り付けと取り外し

X+

TMCL-IDEをインストールする方法は2つあります。

  • 自動インストール:下に示すTMCL-IDEセットアップ・ファイルをコンピュータにダウンロードし、そのファイルをクリックしてインストールを開始します。インストール・ルーチンによって、Windowsの[スタート]メニュー内にアイコンが作成されます。
  • 手動インストール:下に示すTMCL-IDEの非インストール・ファイルをダウンロードし、ハード・ドライブ内のフォルダにコピーします。クリックするだけでアプリケーションが起動します。アンインストールは、ハードドライブからファイルを削除するだけで完了します。

TMCL-IDEを削除するには、Windowsシステム・コントロール>アプリケーション>アプリケーションのアンインストールの順にクリックします。

最新の変更点

TMCL-IDEバージョン3.5.0.0

X+
  • PIチューニング・ツールを含むTMCM-1617を追加
  • 多数のバグ修正と改善

TMCL-IDEバージョン3.4.0.0

X+
  • TMC6140-EVALを追加
  • Qt 5.12.11の使用
  • 様々なバグ修正と改善

TMCL-IDEバージョン3.3.0.0

X+
  • TMCM-1461を追加
  • TMCM-1617-GRIP-REFを追加
  • 多数のバグ修正と改善

TMCL-IDEバージョン3.2.0.0

X+
  • TMCM-1243を追加
  • TMCM-1000を追加
  • TMCM-1273を追加
  • TMCM-0930を追加
  • Qt 5.12.10の使用
  • 様々なバグ修正と改善

TMCL-IDEバージョン3.1.0.0

X+
  • TMC7300-EVALを追加
  • TMC6300-EVALを追加
  • TMC6100-EVALを追加
  • TMC2226-Evalを追加
  • TMCM-1636に対応
  • TOSVを追加
  • TMCM-1617を追加
  • USB CAN-Adapter Ixxatを追加
  • CoolStepとStallGuardのツール・アップデート、現在の設定、TMC846x-EVAL
  • 軽微なバグ修正

TMCL-IDEバージョン3.0.25.0

X+
  • TMC2300-EVALを追加
  • TRISCを追加
  • 軽微なバグ修正

TMCL-IDEバージョン3.0.24.0

X+
  • TMC2160-EVALおよびTMC2209-EVALを追加
  • TMCM-0010-OPCを追加
  • 新ツールであるBiquad-Tuningを追加
  • ツールのグローバル・パラメータを改善

TMCL-IDEバージョン3.0.23.0

X+
  • TMCM-1683を追加
  • TMC2590を追加
  • 補間なしで複数のモータを駆動するなどの機能強化
  • 軽微なバグ修正

TMCL-IDEバージョン3.0.22.0

X+
  • TMC5161を追加
  • TMC8460、TMC8461、TMC8462とアクセス制御ツールを追加
  • USB-2-RTMIインターフェースとTMC4671-EVALを追加
  • TMCL-IDEのPDFマニュアルを同梱
  • 軽微なバグ修正

TMCL-IDEバージョン3.0.21.0

X+
  • TMC4330を追加
  • TMC5160のステップ/ディレクトリを追加
  • TMCL-Creator/PC-Hostの出力が可能に
  • Qt 5.10.0向けに最適化
  • KvasarおよびESDのUSB-CANアダプタをいくつか追加
  • 軽微なバグ修正

TMCL-IDEバージョン3.0.20.0

X+
  • TMCM1315、TMCM1370、TMCM3230、TMCM3351を追加
  • TMCM1111およびTMC8460-EVALを追加
  • TMC2041およびTMC4661A-EVALを追加
  • ブラウザにクラシック・エクスポート・メニューを登録
  • レジスタ値を情報グラフに表示
  • LINUXバージョンを追加
  • XP以前のバージョンのWindowsをサポート対象から除外

TMCL-IDEバージョン3.0.18.0

X+
  • TMCM-1461を追加
  • TMCM-1617-GRIP-REFを追加
  • 様々なバグ修正と改善

TMCL™コード・ライブラリ

TMCLスクリプトの例

Cコードの例