類似製品

製品概要

機能と利点

  • 低い入力オフセット電圧:75μV(max)
  • 低いオフセット電圧ドリフト(-55℃<TA<+125℃)
    • 0.5μV/℃(max)
  • 低い電源電流(アンプあたり):725μA(max)
  • 高いオープン・ループ・ゲイン:5,000V/mV(min)
  • 低い入力バイアス電流:2nA(max)
  • 低いノイズ電圧密度:11nV/√Hz@1kHz
  • 大容量負荷に対して安定動作:10nF(typ)

製品概要

OP200は、OP77タイプの高精度の性能を提供する初のモノリシック・デュアル・オペアンプです。業界標準の8ピンのピン配列で、高精度の性能を実現しながら、デュアル・アンプによって省スペース/省コストとなっています。

OP200は、75μV未満のきわめて低い入力オフセット電圧と0.5μV/℃未満のドリフトをミリタリ温度範囲の全体にわたって保証します。OP200のオープン・ループ・ゲインは、10kΩの負荷に対して5,000,000を超え、入力バイアス電流は2nA未満、CMRRは120dB超、およびPSRRは1.8μV/V未満です。OP200はオンチップのzener-zapトリミングを使用して、きわめて低い入力オフセット電圧を実現するため、オフセットをゼロ調整する必要はありません。

OP200の消費電力は非常に低く、各アンプが消費する電源電流はわずか725μA未満です。デュアルOP200が消費する電流の合計は、シングルOP07の半分以下であるうえ、この業界の標準オペアンプを大幅に上回る改良が施されています。OP200の電圧ノイズ密度は1kHzで11nV/√Hzで、ほとんどの競合デバイスの半分です。

OP200は、高精度の複数のオペアンプを必要とし、かつ低消費電力が重要となるアプリケーションにとって理想的です。

高精度のクワッド・オペアンプについては、OP400を参照してください。

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明