MAX797
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX797

CPU電源用、同期整流器付き、ステップダウンコントローラ

すべて表示 showmore-icon

高性能デバイスを推奨:新規設計にはMAX1652/MAX1653/MAX1654/MAX1655

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 6
1Ku当たりの価格 最低価格:$7.62
特長
  • 効率:96%
  • 入力電圧範囲:4.5V~30V
  • 可変出力範囲:2.5V~6V
  • 固定出力:3.3Vおよび5V (最大10A)
  • マルチ安定化出力
  • リニアレギュレータ出力:+5V
  • リファレンス出力:高精度2.505V
  • 自動ブートストラップ回路
  • 150kHz/300kHz固定周波数PWM動作
  • プログラマブルソフトスタート
  • 自己消費電流:375µA typ (VIN = 12V、VOUT = 5V)
  • シャットダウン電流:1µA typ
製品概要
show more Icon

MAX796/MAX797/MAX799は、単一またはデュアル出力の高性能ステップダウンDC-DCコンバータで、バッテリ駆動機器のメインCPUに電源を供給します。これらのバックコントローラは、マキシム独自のIdle Mode™制御方式と同期整流の採用により96%の高効率を達成し、最大負荷(~10A)および無負荷においてバッテリ寿命を拡張します。ダイナミック応答特性に優れており、最新のダイナミッククロックタイプのCPUにより生じる出力変動を300kHzクロックの5サイクル以内に安定化します。さらに、独自のブートストラップ回路により低コストのNチャネルMOSFETを駆動できるため、システムコストが低減でき、そしてPMOS/NMOSスイッチ等で見られるクローバスイッチング電流の発生も抑えられます。

MAX796/MAX799は、トランスを使ったデュアル出力アプリケーション用の二次フィードバック入力(SECFB)を備えているため、プラス(MAX796)またはマイナス(MAX799)電圧の補助出力のクロスレギュレーションが大きく改良されています。

MAX797は、ロジック制御の同期可能な固定周波数パルス幅変調(PWM)動作モードを備えているため、移動体通信やペン入力アプリケーション等において問題となるノイズとRF干渉を低減します。/SKIPオーバライド入力により、軽負荷時におけるIdle-Mode動作(高効率パルススキッピング)への自動切換え、または全負荷条件における低ノイズ固定周波数モード動作との選択が可能になっています。

MAX796/MAX797/MAX799は、16ピンDIPおよびナローSOパッケージで提供されています。これら3種類のコンバータの機能を下表に示します。

アプリケーション

  • 携帯電話
  • ノートブックおよびサブノートブックコンピュータ
  • PDAおよびモバイル通信機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 6
1Ku当たりの価格 最低価格:$7.62

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX797CSE+
  • HTML
  • HTML
MAX797CSE+T
  • HTML
  • HTML
MAX797ESE+
  • HTML
  • HTML
MAX797ESE+T
  • HTML
  • HTML
MAX797ESE/GG8
  • HTML
  • HTML
MAX797MJE
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

MAX797EVKIT

MAX797の評価キット

zoom

MAX797EVKIT

MAX797の評価キット

MAX797の評価キット

機能と利点

  • バッテリ電圧範囲:4.5V~28V
  • 負荷能力:3.3V (3A)
  • 可変出力:2.5V~6V (オプションの抵抗分圧器)
  • 高精度2.505Vのリファレンス
  • オシレータSYNC入力
  • 低ノイズモード制御入力

製品の詳細

MAX797の評価キット(EVキット)は、実装済み、試験済みのデモ用ボードで、標準3.3Vアプリケーション回路を構成しています。このボードは、4.5V~28Vのバッテリ電圧に対応した構成になっていますが、ブレークダウン電圧定格の高いMOSFETに変更すれば4.5V~30Vのバッテリ電圧が許容できます。

標準ボードは最低3Aの負荷電流が保証されています。負荷電流能力を変更するには、検出抵抗(R1)値を変更し、MAX796/MAX797/MAX799のデータシートの表1にしたがって外付部品の値を変えてください。

メイン出力電圧は3.35V(公称)に設定されています。5V動作を選択するときは、ジャンパJ3を1-2間に移動します。可変モードでは、抵抗R4およびR5を取付けてジャンパを取外します。ボード上でJ3をシャントしている小さなPCトレースジャンパがありますが、可変モードと固定5V動作ではこのジャンパを切断してください。ジャンパあるいは抵抗分圧器が取付けられていない状態で回路を動作させると、出力が高電圧になりICを損傷させる恐れがあるため注意してください。

EVキットには、標準部品のほかにも、ロジック入力レベルを設定するためのプルアップおよびプルダウン抵抗(R4~R8)が含まれています。通常これらの抵抗は最終設計では省くことができます。

最近閲覧した製品