MAX5879
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX5879

14ビット、2.3GspsダイレクトRF合成DAC、選択可能な周波数応答内蔵

すべて表示 showmore-icon

DCから2GHz以上まで高品質広帯域信号を合成

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • 業界トップクラスの性能
    • WCDMA ACLR:70dB (2.14GHzの場合)
    • DOCSIS ACP:-70dBc (400MHz、8チャネル(256 QAM)の場合)
    • ノイズ密度 = -165dBc/Hz (200MHzの場合)
  • 高出力電力:9dBm (CW)
  • 周波数応答モード:NRZ、RZ、RF、RFZ
  • 出力帯域幅:2GHz
  • 2:1または4:1多重化LVDS入力
    • 各ポート最大1150MHz
    • シングルまたはダブルデータレート動作
  • 入力データ同期用のDLL内蔵
  • 複数DAC同期用のリセット機能
製品概要
show more Icon

MAX5879は、ベースバンドおよび高次ナイキスト領域における高周波および広帯域信号の合成が可能な高性能、14ビット、2.3Gspsデジタル-アナログコンバータ(DAC)です。2.3Gspsの更新レートは、選択可能な周波数応答モード(NRZ、RZ、RF、およびRFZ)と組み合わせられ、2GHz以上の出力周波数の信号のデジタル生成が可能です。ユニークなRFZモードによって、1150Mspsまでの更新レートで、最大6次ナイキスト領域の生成が可能です。このデバイスは、優れたスプリアス、ノイズ、および相互変調歪み性能を備え、1GHz以上の信号帯域幅を直接合成することができます。

このデバイスは、4つの14ビット多重化低電圧差動信号(LVDS)入力ポートを備えており、それぞれ最大1150Mwpsで動作します。このDACは、最大2.3GHzのクロックレート(fCLK)で動作します。このデバイスは、選択可能な2:1または4:1入力マルチプレクサを備えており、ユーザーは、各1150Mwpsまでの2つのデータポート、または各575Mwpsまでの4つのデータポートを選択することができます。それによって、入力データレートは、各ポートのDAC更新レートの1/2または1/4となります。このデバイスは、遅延ロックループ(DLL)を備えており、FPGAまたはASICとのデータ同期が容易になります。データソースとDAC間のビットエラーの検出には、パリティ入力およびパリティエラーフラグ出力を使用することができます。また、このデバイスは、複数のDACのデータ取得クロックを合わせるためにデータクロックリセット回路も備えています。

このデバイスは、以下の4つの選択可能な周波数応答出力モードを備えています。

  1. NRZ (Nonreturn-to-zero)モードは、1次ナイキスト領域において最大のダイナミックレンジ/出力電力を提供します。
  2. RZ (Return-to-zero)モードは、1次、2次、および3次ナイキスト領域において、SNRをトレードオフし、利得平坦性を改善することができます。
  3. RF (Radio-frequency)モードは、2次および3次ナイキスト領域において、より高いSNRと優れたダイナミック性能を提供します。
  4. RFZ (Radio-frequency-return-to-zero)モードは、3次~6次ナイキスト領域において、最大更新レートのfCLK/2の場合に高いダイナミックレンジと利得平坦性の改善を提供します。
このデバイスは、ダイナミック性能の最適化を確保するための50Ω差動出力終端を内蔵する電流ステアリングDACです。このデバイスは、3.3Vおよび1.8V電源で動作し、消費電力は、40mAのフルスケール電流の場合1.8Wで、80mAのフルスケール電流の場合2.3Wとなります。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証され、256ピンCSBGAパッケージ(17mm x 17mm)で提供されます。

アプリケーション

  • 任意波形発生器
  • ブロードバンド通信
  • デジタルビデオ放送
  • ダイレクトデジタル合成
  • エッジQAMおよびCMTS
  • レーダおよび航空電子工学
  • ソフトウェア定義無線
  • ワイヤレスインフラストラクチャ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX5879EXF+
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

MAX5879EVKIT

MAX5879の評価キット

zoom

MAX5879EVKIT

MAX5879の評価キット

MAX5879の評価キット

機能と利点

  • MAX5879を評価
  • 更新レート:2.3Gsps (max)
    • 2:1および4:1多重化モードに対応
  • 実証済み12層PCB設計
  • シングルエンドクロックインタフェース
    • クロックレート:2.3GHz (max)
  • シングルエンドDAC出力インタフェース
    • 選択可能な周波数応答
    • 広帯域出力トランス
    • 50MHz~2GHz以上に対応
  • ボード上の1.25Vリファレンス回路
  • ボード上の2分周データクロック分周器
    • FPGA/ASICとの使用のために周波数を低減
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX5879の評価キット(EVキット)は、1つの14ビット、2.3GspsダイレクトRF合成デジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5879を備えています。評価ボードは、差動DAC出力からシングルエンド50Ω信号への変換に使用されるトランス回路を内蔵しています。シングルエンド50ΩクロックソースをMAX5879に必要な完全平衡、50%デューティサイクル、100Ω差動ソースに変換する3トランス回路もボード上に提供されます。

MAX5879の評価ボードは、デジタルインタフェース用に2つのSAMTECH Q Strip® (QSH)コネクタを採用しています。このEVキットには、QSHインタフェースをFPGAメザニンコネクタ(FMC)に変換するアダプタボードが含まれています。FMCコネクタは、Xilinx© Virtex®-7 VC707のEVキットなどの商用オフザシェルフ(COTS) FPGA評価ボード上で一般的に利用可能です。

MAX5879のEVキットはVC707 FPGAボードをベースとするMUXDACデータソースによってサポートされており、MAX5879の評価に必要なデジタル信号を供給するために役立つツールが提供されます。詳細については、MUXDACデータソースユーザーズガイドを参照してください。

アプリケーション

  • 任意波形発生器
  • ブロードバンド通信
  • デジタルビデオ放送
  • ダイレクトデジタル合成
  • エッジQAMおよびCMTS
  • レーダおよび航空電子工学
  • ソフトウェア定義無線
  • ワイヤレスインフラストラクチャ
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品