製品概要

機能と利点

  • 最小のピン互換オクタルDAC
    • LTC2605:16ビット
    • LTC2615:14ビット
    • LTC2625:12ビット
  • 全温度範囲で単調性を保証
  • 400kHz I2Cインターフェイス
  • 広い電源範囲:2.7V~5.5V
  • 低消費電力動作:250μA/DAC(3V電源時)
  • 1μA(最大)の個別チャネル・パワーダウン
  • 非常に小さいDAC間クロストーク:10μV 以下
  • 高いレール・トゥ・レール出力ドライブ:±15mA(最小)
  • ダブルバッファ・デジタル入力
  • 27のアドレスを選択可能
  • LTC2605/LTC2615/LTC2625:ゼロスケールにパワーオン・リセット
  • LTC2605-1/LTC2615-1/LTC2625-1:ミッドスケールにパワーオン・リセット
  • 16ピン細型SSOPパッケージ

製品概要

LTC2605/LTC2615/LTC2625はオクタル16、14、12ビット、2.7V~5.5V動作、レール・トゥ・レール電圧出力DACで、16ピン細型SSOPパッケージで供給されます。これらのデバイスは高性能出力バッファを内蔵し、単調性が保証されています。

これらのデバイスは、16および14ビットDACとして非常に高いボード実装密度で、単一電源、複数の電圧出力で、出力ドライブ、クロストーク、ロード・レギュレーションなど優れた性能を誇ります。

これらのデバイスは2線I2C互換シリアル・インターフェイスを使用し、標準モード(最大100MHzのクロックレート)と高速モード(最大400MHzのクロックレート)のいずれでも動作します。

LTC2605/LTC2615/LTC2625はパワーオン・リセット回路を内蔵しています。起動時の出力電圧はゼロスケールから10mV以内で、起動後はゼロスケールにとどまり、それを有効な書き込み、更新が発生するまで維持します。LTC2605-1/LTC2615-1/LTC2625-1はパワーオン・リセット回路によってミッドスケールにリセットされます。有効な書き込みと更新が発生するまで、電圧出力はミッドスケールに維持されます。 


アプリケーション

  • モバイル通信
  • プロセス制御、産業用オートメーション
  • 計測
  • 自動試験装置

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

Precision DAC Error Budget Tool

Precision DAC Error Budget Toolは、高精度DACシグナル・チェーンのDC精度を計算するウェブ・アプリケーションです。これは、シグナル・チェーン全体で静的誤差がどの程度累積するかを示すもので、これにより設計のトレードオフを手早く評価できます。計算には、電圧リファレンス、オペアンプ、および高精度DACが生成するDC誤差が含まれます。

Precision DAC Error Budget Tool

おすすめ製品

LTC2615 互換製品

推奨製品 µModule Isolator

推奨製品 Related Parts

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明