製品概要

機能と利点

  • 低出力電流時に高効率を維持 
  • デュアルNチャネルMOSFET同期ドライブ 
  • プログラム可能な固定周波数(PLLロック可能) 
  • 広いVIN 範囲: 3.5V~36V動作 
  • 超高効率 
  • 低ドロップアウト動作:デューティ・サイクル: 99% 
  • 低ドロップアウト、VPP生成または低ノイズ・オーディオ電源用0.5Aリニア・レギュレータ 
  • 内蔵パワーオン・リセット・タイマ 
  • プログラマブル・ソフト・スタート 
  • バッテリ電圧低下検出器 
  • リモート出力電圧センス 
  • フォールドバック電流制限(オプション) 
  • ピン選択可能な出力電圧 
  • ロジック制御によるマイクロパワー・シャットダウン:IQ<30μA 
  • 出力電圧: 1.19V~9V 
  • 28ピンおよび36ピンSSOPパッケージで供給可能

製品概要

LTC1438/LTC1439は、フェーズ・ロック可能な固定周波数アーキテクチャで外部Nチャンネル・パワーMOSFETをドライブするデュアル同期整流型ステップダウン・スイッチング・レギュレータ・コントローラです。アダプティブ・パワー出力段は、スイッチング損失を低減して低出力電流で高能率を維持しながら、 400kHzまでの周波数で2つのNチャンネルMOSFETを選択的にドライブします。 

外部PNPパス・デバイスを使用した補助0.5Aリニア・レギュレータによって、低ノイズ、低ドロップアウト電圧源を提供します。二次巻線フィードバック制御ピン(SFB1)は、連続動作を強制することにより、メイン出力の負荷に関係なく、レギュレーション動作を保証します。 

バッテリ電圧低下検出器として、もう1つのコンパレータを利用できます。出力が安定化出力電圧の5%以内になった後、65536/fCLK (typ 300ms)だけ遅延した信号を生成するパワーオン・リセット・タイマ(POR)が内蔵されています。内部抵抗分圧器は、2つの出力の1つにリモート・センス機能を備えたピン選択可能な出力電圧を供給します。 

動作電流レベルは、外部電流センス抵抗を通してユーザがプログラムすることができます。入力電源範囲が広く、 3.5Vから30V(最大36V)で動作可能です。


アプリケーション

  • ノートブックおよびパームトップ・コンピュータ、PDA 
  • 携帯用計測器 
  • バッテリ動作のデバイス 
  • DC電力配分システム 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LTC1438
LTC1438-ADJ

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明