製品概要

機能と利点

  • IO-Link®物理層(PHY)互換(COM1/COM2/COM3)
  • ケーブル・インタフェース保護電圧:最大±60V
  • 7.5V~40Vで動作
  • 降圧スイッチング・レギュレータ内蔵
    • 最大負荷電流:100mA(LT3669)/300mA(LT3669-2)
    • 同期可能で調整可能なスイッチング周波数:250kHz~2.2MHz
    • 出力電圧:0.8V~16V
  • 150mA LDOリニア・レギュレータ内蔵
  • 調整可能なスルーレートと電流制限を備えた堅牢なライン・ドライバ
  • 適応型ライン・ドライバ・パルス制御方式により重負荷を安全に切り替え
  • プッシュプル、プルアップ、またはプルダウンとして構成可能なドライバ
  • 調整可能なパワーオン・リセット・タイマ
  • 熱特性が改善された4mm × 5mmの小型28ピンQFNパッケージ

製品概要

LT3669は、降圧スイッチング・レギュレータと低ドロップアウト・リニア・レギュレータを内蔵した産業用トランシーバです。起動検出機能だけでなく、プログラム可能なパワーオン・リセット・タイマも内蔵しています。トランスミッタの電流制限およびスルーレートは外部調整可能なので、EMC性能の最適化に対応します。

ライン・ドライバが供給できるソース電流/シンク電流はそれぞれ最大250mAであり、互いに接続した場合は最大500mAで、最小残留電圧は2.1V未満です。内蔵の適応型パルス制御方式により、ドライバは重い容量性負荷や白熱電球を安全に切り替えることができます。サーマル・シャットダウンにより、保護機能が強化されます。ライン・インタフェース・ピンでの電源保護電圧が±60Vなので、L+ピンでの動作電圧が最大40Vの場合、標準的なTVSダイオードを使用できます。

LT3669(負荷電流は最大100mA)ではスイッチング・レギュレータにキャッチ・ダイオードが内蔵されていますが、LT3669-2(負荷電流は最大300mA)では外付けのキャッチ・ダイオードが必要です。

LT3669は、IO-Linkデバイスの物理層(PHY)を実装しています。IO-Linkマスタの設計については、LTC2874を参照してください。


アプリケーション

  • 産業用センサおよびアクチュエータ

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (3)

おすすめ製品

LT3669 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。