類似製品

製品概要

機能と利点

  • 最小出力電流:±500mA
  • 個別に調整可能なソースおよびシンク電流制限
  • 電流制限精度:2%
  • 単一電源または両電源で動作
  • シャットダウン/イネーブル制御入力
  • オープン・コレクタ・ステータス・フラグ:
    • シンク電流制限
    • ソース電流制限
    • サーマル・シャットダウン
  • フェール・セーフ電流制限とサーマル・シャットダウン
  • スルーレート:1.6V/μs
  • 利得帯域幅積:3.6MHz
  • 速い電流制限応答:2MHzの帯域幅
  • 規定温度範囲:-40℃~85℃

製品概要

LT1970は、外部制御の高精度電流制限機能を搭載した±500mAパワー・オペアンプです。個別の電流制御によって、ソースおよびシンク電流制限検知のスレッショルドを2%精度でプログラムします。外付けパワー・トランジスタを追加することにより、出力電流を増やすことができます。

このデバイスは、総電源電圧が5V~36Vの単一または両電源で動作します。通常動作では、入力段の電源と出力段の電源が接続されています(VCCがV+に、VEEがV-に接続)。より低電圧の独立電源から出力段(V+、V-)に電力を供給することで、消費電力を低減することができます。このアンプはユニティ・ゲイン安定で、利得帯域幅積が3.6MHz、スルーレートが1.6V/μsです。電流制限回路は、VCSRCまたはVCSNK制御入力とアンプ出力との間の2MHz応答を実現します。

オープン・コレクタ・ステータス・フラグは、電流制限回路がアクティブになっていることと、アンプのサーマル・シャットダウンを知らせします。イネーブル・ロジック入力が"L"になると、アンプは低電力、高インピーダンス出力状態になります。サーマル・シャットダウンと±800mA固定電流制限により、フォールト状態においてチップを保護できます。

LT1970は熱伝導銅底板によって放熱を容易にした20ピンTSSOPパッケージで供給されます。


アプリケーション

  • 自動テスト装置
  • ラボ用電源
  • モータ・ドライバ
  • 熱電冷却器ドライバ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1970

おすすめ製品

LT1970 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明