製品概要

機能と利点

  • 広い入力電圧範囲3V-60V
  • 低静止電流6mA
  • 内部5Aスイッチ(LT1071では2.5A)
  • 外部パーツがほとんど必要ない
  • 過負荷から自己保護
  • ほぼすべてのスイッチング・トポロジーで動作
  • シャットダウン・モードの消費電源電流はわずか50μA
  • フライバック・モードにより完全絶縁出力が可能
  • 標準5ピンTO-220パッケージで供給
  • 外部同期化可能

製品概要

LT1070およびLT1071はモノリシック高電力スイッチング・レギュレータです。これらは、バック、ブースト、フライバック、フォワード、反転、および“Cuk”を含むすべての標準スイッチング構成で動作させることができます。高電流、高効率スイッチはすべての発振器、制御、および保護回路とともにダイに含まれています。すべての機能を統合化することにより、LT1070/LT1071は標準5ピンTO-220パワー・パッケージに組み込むことができました。これにより、非常に使いやすく、また3ピンリニアレギュレータと同様の「バスト・プルーフ」動作が得られます。

LT1070/LT1071は3Vから60Vまでの電源電圧で動作し、静止電流消費はわずか6mAです。これは外部電源デバイスなしで最大100Wの負荷電力を送ることができます。電流モード・スイッチング技術の利用により、優れたACおよびDC負荷およびライン変動率を与えます。

LT1070/LT1071には、使用が非常に難しい現在利用可能な低消費電力制御チップでも見られない多くのユニークな機能があります。これで、アンチSATスイッチを使用することにより効率を損なうことなく非常に幅広い負荷電流の供給が可能です。外部から操作できるシャットダウン・モードでは、全電源電流を待機動作で50μAまで低減できます。完全に分離された安定化出力は、LT1070/LT1071に組み込まれるオプションの「フライバックレギュレーションモード」を使ってオプトカプラまたはトランスの巻き線追加を必要とせずに発生させることができます。


アプリケーション

  • ロジック電源5V @10A
  • 5Vロジックから±15V opアンプ電源まで
  • 最大200Wまでのオフライン・コンバータ
  • バッテリの昇圧コンバータ
  • パワー・インバータ(-から+)または(-から+)
  • 完全絶縁マルチ出力
  • より低い電流アプリケーションについては、LT1072を参照

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

参考資料

  • すべてを表示 (16)
  • データシート (1)
  • Reliability Data (1)
  • アプリケーション・ノート (9)
  • デザイン・ノート (5)
  • ツール

    LTspice

    LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

     

    LTspice

    下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

    LT1070
    LT1070HV

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    PCN-PDN Information

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明