μModule 設計と製造リソース

µModule® パワー製品は、コンパクトな成型プラスチック・パッケージに電源機能を組み込み、複雑な電源回路の実装、検証、製造を容易にします。製品の選択、設計、評価、シミュレーション、レイアウト、PCB アセンブリ、パッケージングに関する一連のガイドを以下に示します。

設計リソース

製造リソース

uModule Chip

設計リソース

µModule® パワー製品は、コンパクトなパッケージに電源機能を組み込み、電源回路の実装、検証、製造を容易にします。

 

μModule®製品カタログ 日本オリジナル版
(PDF 2.6MB)

µModule® 製品カタログ(英語/PDF 9.63MB)

uModule Brochure

シュミレーション・ツール

LTspice は、リニアテクノロジーが無料で提供するパワフルなツールです。DC/DC μModule 製品のモデルとデモ回路用の回路図作成とシミュレーションができます。


LTpowerCAD は、もう1つの DC/DC μModule 製品選択ツールです。このツールは、外付け部品の選択プロセス全般を支援し、独自の設計アプリケーションの安定性を確実に実現できます。選択が完了したら、設計を LTspice にエクスポートするだけでシミュレーションができます。

LTpowerPlay は、アナログ・デバイセズのパワー・システム・マネージメント(PSM)製品をサポートする強力な開発環境です。


デモ・ボード、ソフトウェア、ガーバー・ファイル

該当製品のページにアクセスして、評価用ボード、ガーバー・ファイル、マニュアル、関連ソフトウェアを確認できます。

電気的性能

その他の設計情報とアプリケーション情報については、製品データシートまたは以下の資料を参照してください。

  • AN119A - 高集積DC/DC μModuleレギュレータ・システムを使った、複雑なFPGAベースのシステムへの給電
  • DN385 - 4.5V〜28V入力、0.6V〜5V出力、15mm×15mm×2.8mmパッケージの10A高性能ポイントオブロードDC/DC μModuleレギュレータ
  • DN411 - シンプルでコンパクトな4出力のポイント・オブ・ロードDC/DC μModuleシステム
  • DN430 - 高さの低い9mm×15mmパッケージ、重さわずか1g、8A低電圧DC/DC μModuleレギュレータ
  • DN438 - 入力と出力の電圧範囲が広いアプリケーションにシンプルな高効率ソリューションを提供する、μModule昇降圧レギュレータ
  • DN1021 - μModule降圧レギュレータを使って正の入力から負の出力電圧を生成する方法
  • DN530 - 複数の絶縁型μModuleコンバータを直列接続し、出力電圧および出力電流範囲を拡張

熱性能

  • AN103 - LTM4600 DC/DC μModuleの熱性能
  • AN110 - LTM4601 DC/DC μModuleの熱性能
  • AN119B - 高集積DC/DC μModuleレギュレータ・システムを使った、複雑 なFPGAベースのシステムへの給電

Manufacturing Resources

クイック・スタート・ガイド

LGA および BGA パッケージの耐湿性、リフロー、アセンブリに関する簡単なリファレンス

材料宣誓書と RoHS

アナログ・デバイセズの材料宣誓書(MD)検索ページをご覧ください。

アナログ・デバイセズの RoHS プログラムの概要については、「鉛フリー・プログラムと RoHS 適合」のページをご覧ください。

PCB のアセンブリと製造に関するガイドライン

LGA パッケージ: アナログ・デバイセズ µModule LGA パッケージのアセンブリに関する考慮事項(PDF)

BGA パッケージ: アナログ・デバイセズ µModule BGA パッケージのアセンブリに関する考慮事項(PDF)

以下の項目に関する詳細なガイドを提供します。

  • パッケージの構造
  • PCB 設計のガイドライン
  • 耐湿性、パッキング、出荷、ベーキング
  • ボード・アセンブリ・プロセス
    • スクリーン印刷
    • ステンシル設計
    • ハンダ・ペースト、重要なプロセス・パラメータ
    • 配置
    • リフロー・プロファイル
    • クリーニング
    • 取外しと修正

パッケージとボード・レベルの信頼性

継続的な信頼性テストに基づくデータ・レポートを定期的に更新して掲載しています。以下のリンクから PDF にて確認することができます。

耐湿性

µModule デバイスの耐湿性については、「Moisture Sensitivity of μModule Device」(PDF) をご覧頂くか、各製品のデータシートの2ページ目をご参照ください。