オートモーティブ・インターフェース(CAN、オーディオ)

オートモーティブ・インターフェースは音声とデータを車両に提供し、コネクティビティと移動性をまとめて実現します。アナログ・デバイセズのオートモーティブ・インターフェース製品ポートフォリオは、CAN(コントローラ・エリア・ネットワーク)プロトコルとA2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス®)技術の両方を利用する通信シグナリングに対応しています。iCoupler®デジタル・アイソレーションを備えた絶縁型CANでは、isoPower® および信号専用トランシーバーが、SOICフォーム・ファクタまたは完全にガルバニック絶縁されたµModule®(マイクロ・モジュール)トランシーバーに搭載されています。いずれも、CAN FD(フレキシブル・データ・レート)をサポートするオプションがあります。アナログ・デバイセズのA2B対応デジタル・オーディオ・システムは、低価格のシールドなしツイストペア線1本の上に高集積オーディオと一緒に制御データ、クロック、および電力を分配します。A2Bオートモーティブ・インターフェースは、高集積オーディオを提供すると同時に、既存のケーブル・ハーネスの重量を減らすことで車両の燃料効率を改善し、より環境にやさしくダイナミックな優れたオートモーティブ体験を実現します。A2Bデバイスは、関連するオートモーティブ・インターフェースのESD、EMI、およびEMCすべての条件を満たし、AEC-Q100に完全に準拠しています。