DS3177
searchIcon

DS3177

DS3/E3シングルチップトランシーバ

すべて表示 showmore-icon

優れた性能と高集積を組み合わせたDS3/E3有線通信用、業界最高のソリューション

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

機能
  • DS3およびE3対応のシングルチップトランシーバ
  • DS3およびE3に対応した受信クロック/データリカバリと送信波形整形を実行
  • ジッタ減衰器を受信データ経路または送信データ経路に配置可能
  • 最大380m/1246フィート(DS3)または440m/1443フィート(E3)の長さの75Ω同軸ケーブルとインタフェース可能
  • TxとRxの両方で1:2トランスを使用
  • DS3 (M23またはCビット)およびE3 (G.751またはG.832)フレーマ搭載
  • 内蔵のHDLCコントローラは256バイトのFIFOを備え、DS3 PMDL、G.751 Snビット、およびG.832 NR/GCバイトの挿入/抽出が可能
  • PRBSおよび反復パターン生成、検出、および分析に対応するオンチップBERT
  • 1秒以上の累積インターバルに対応する大容量の性能監視カウンタ
  • DS3、E3フレーマ用の柔軟性の高いオーバーヘッド挿入/抽出ポート
  • ループバックはループバックの方向と異なる方向にAISを挿入する機能と共に、ライン、診断、フレーマ、ペイロード、およびアナログを装備
  • 内蔵のクロックレートアダプタは1個のクロックリファレンスソースから内部で必要となる残りの44.736MHz (DS3)および34.368MHz (E3)を生成
  • CLADリファレンスクロックは44.736MHz、34.368MHz、77.76MHz、51.84MHz、または19.44MHzとすることが可能
  • DS3171~DS3174 SCT製品ファミリとソフトウェア互換
  • 8ビット/16ビットのパラレルおよびスレーブSPIシリアル(10Mbps以下)マイクロプロセッサインタフェース
  • 低電力(0.5W) 3.3V動作(I/Oの耐圧は5V)
  • 小型100ピン11mm x 11mm (1mmピッチ) CSBGA
  • 工業用動作温度:-40℃~+85℃
  • IEEE 1149.1 JTAGテストポート
追加の詳細
show more Icon

DS3177は、DS3/E3フレーマとLIU (シングルチップトランシーバ)を内蔵し、DS3/E3の物理的な銅線とインタフェースします。

先行モデル(DS3170)と同様に、DS3177はソフトウェア設定のDS3/E3シングルチップトランシーバ(SCT)です。ラインインタフェースユニット(LIU)は、受信経路と送信経路が独立しています。レシーバLIUブロックは、B3ZSまたはHDB3で符号化されたAMI信号からクロックおよびデータリカバリを実行し、入力信号の喪失がないかどうかをモニタします。さらに、バイパスによるクロックおよびデータの直接入力が可能です。レシーバLIUブロックでは、オプションでB3ZS/HDB3デコーディングを実行することができます。トランスミッタLIUは、標準のパルス波形で75Ω同軸ケーブルをドライブし、また、バイパスによってクロックおよびデータの直接出力が可能です。LIUが使用可能のときは、ジッタ減衰器を送信データ経路または受信データ経路に配置することができます。内蔵のDS3/E3フレーマは、適切にフォーマットされたCビットDS3、M23 DS3、G.751 E3、またはG.832 E3データストリームでデータを送受信します。使用されない機能の電源は切断されるため、システムの電源要件が軽減されます。DS3177は、フルデータシートの表5-1に挙げられた通信規格に準拠しています。

アプリケーション

  • アクセスコンセントレータ
  • デジタルクロスコネクト
  • インテグレーテッドアクセスデバイス(IAD)
  • マルチサービスアクセスプラットフォーム(MSAP)
  • マルチサービスプロトコルプラットフォーム(MSPP)
  • PBX
  • PDHマルチプレクサ/デマルチプレクサ
  • ルータおよびスイッチ
  • SONET/SDH ADM
  • SONET/SDHマルチプレクサ
  • 試験装置

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品