製品概要

機能と利点

  • 4 入力、1 出力の HDMI トランシーバー
  • HDMI® 1.4 をサポート
    オーディオ・リターン・チャンネル(ARC)
    3D TV のサポート
    コンテント・タイプ・ビット
    CEC 1.4 互換(CEC_CPD および CEC_HPD)
  • 広帯域幅デジタル・コンテンツ保護機能(HDCP 1.4)
  • HDCP リピータをサポート
  • 225 MHz HDMI Rx/Tx で 36/30/24 ビット・ディープ・カラーをサポート
  • 60 Hz、最大 1600 × 1200 の DVI RGB グラフィックスをサポート

製品概要

ADV7622 は、高性能、4 入力、1 出力の高精細マルチメディア・インターフェース(HDMI®)トランシーバーで、1 個のチップにデジタル・オーディオ I/O とともに HDMI レシーバーおよびトランスミッタ機能を内蔵しています。このデバイスは、アナログ・デバイセズの十分にテストされたリピータ・ソフトウェア・ライブラリとドライバを通して、すべての HDCP リピータ機能をサポートしています。

ADV7622 は、1080p 36 ビット・ディープ・カラーまでのすべての HDTV フォーマットに加えて、3D TV フォーマットの全基準に対応しています。また、ADV7622 は、Capability Discovery and Control(CDC)をサポートする CEC コントローラも内蔵しています。

ADV7622 は、HDMI ストリームからのオーディオ・データの抽出、および HDMI ストリームへのオーディオ・データの挿入を容易にするために、柔軟な専用オーディオ出力ポートと専用オーディオ入力ポートを搭載しています。DSD による SACD、DST による圧縮 SACD、HBR オーディオなどのすべての HDMI オーディオ・フォーマットをサポートしています。さらに、ADV7622 はオーディオ・リターン・チャンネル(ARC)レシーバーも搭載しています。ARC は、従来型 HDMI ケーブルにアップストリーム・オーディオ機能を合体させることによりケーブルの配線を簡素化します。

ADV7622 は、最新 CMOS プロセスで製造され、鉛フリーの 144 ピン 20 mm × 20 mm LQFP パッケージを採用し、−20 ℃ ~ +70 ℃ の温度範囲で仕様が規定されています。

アプリケーション

  • AVR
  • HTiB
  • HDMI リピータをサポートしたサウンド・バー
  • HBR 対応のテレビ
  • 他のリピータ・アプリケーション

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

ツール

設計ツール

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

ディスカッション

adv7622 Discussions

adv7622 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明