製品概要

機能と利点

  • Mobile High-Definition Link(MHL)対応レシーバ
    広帯域デジタル・コンテント保護(HDCP)の認証と解読をサポート
    最大ピクセル・クロック周波数は75MHzで、最大720p / 1080i(60Hz)のHDTVフォーマットが可能
  • 高分解能マルチメディア・インターフェース(HDMI)対応レシーバ
    HDCPの認証と解読をサポート
    ピクセル・クロック周波数は最大162MHzであり、最大1080pのHDTVフォーマットと最大UXGA(1600×1200@60Hz)の表示分解能が可能
  • コンポーネント・ビデオ・プロセッサ
    Any-to-any 3×3カラー空間変換(CSC)マトリックス
    コントラスト、輝度、色相、飽和度ビデオ調整
    水平同期(HS) / 垂直同期(VS) / データ・イネーブル(DE)のタイミングのタイミング調整コントロール

  • シリアル・デジタル・オーディオ出力インターフェース
    HDMI / MHLオーディオ抽出に対応
    高度なオーディオ・ミュート機能
    I2S準拠、左詰めと右詰めのオーディオ出力モード
    8チャンネルTDM出力モードあり
  • Mobile Industry Processor Interface(MIPI)のカメラ・シリアル・インターフェース2(CSI-2)トランスミッタ
    HDMI / MHL / デジタル入力ポートの信号用に4レーン、2レーン、1レーン・マルチプレクシング・オプションをサポートする4レーン・トランスミッタ
  • 8ビット・デジタル入力 / 出力ポート
  • 一般事項
    2線シリアル・マイクロプロセッサ・ユニット(MPU)インターフェース(I2C準拠)
    温度グレード:-40℃~+85℃
    RoHS準拠、100ボール、9mm×9mm CSP_BGAパッケージ
    車載アプリケーション向けに認定

    詳細はデータシートをご参照ください。

製品概要

ADV7480はスマートフォン又は他の民生用電子機器からの有線、非圧縮デジタル・オーディオ/ ビデオのリンクが必要とされる接続可能なヘッドユニット向けのHDMI® / MHL®組み合わせレシーバで、クラウド・ベースのマルチメディア・コンテンツやアプリケーションの車載情報娯楽システムへのストリーミング、統合をサポートします。

MHL 2.1対応のレシーバADV7480は最大ピクセル・クロック周波数75MHzをサポートしているので、24ビット・モードで最大表示分解能720p / 1080i(60Hz)が可能です。ADV7480はリンク層、トランスレーション層、CBUS電気的ディスカバリ、表示データ・チャンネル(DDC)の命令を処理するリンク・コントロール・バス(CBUS)を備えています。システム・プロセッサによるMHLサイドバンド・チャンネル(MSC)の命令の実行はI2Cバス、あるいは専用のシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)バスによって処理できます。CBUSに関連したイベントが起こったことを表示するために専用の割り込みピン(INTRQ3)が用意されています。

ADV7480はMHLソースに5V電圧バス(VBUS)信号を供給する電圧レギュレータの出力をダイナミックにイネーブ又はディスエーブルするイネーブル・ピン(VBUS_EN)を備えています。

HDMI 対応レシーバADV7480は最大クロック周波数162MHzをサポートするので、最大1080pのHDTVフォーマット、最大UXGA(1600×1200@60Hz)の表示分解能が可能です。このデバイスはcapability discovery and control(CDC)機能をサポートするconsumer electronics control(CEC)コントローラを集積しています。HDMI入力ポートには専用の5V検出機能とHot Plug™アサート・ピンがあります。

HDMI / MHLレシーバは長いケーブルでも確実なインターフェース動作を保証する適応型Transition Minimized Differential Signaling(TMDS)イコライザーを内蔵しています。HDMIとMHL両方の電気信号はADV7480の1つのレシーバ・ポートで受信することができます。HDMIとMHLとの自動検出はCD_SENSEピンを通してケーブル・インピーダンスの検出をすることにより実現されます。

ADV7480はHDMI / MHLレシーバからのビデオ信号を処理するコンポーネント・プロセッサ(CP)を1個内蔵しています。このデバイスは、HS / VS / DEタイミングのフリーラン、タイミング調整コントロールとともに、コントラスト調整、輝度調整、飽和度調整のような機能を提供します。

ADV7480は8ビットデジタル入力 / 出力ポートを備えており、8ビットインターリブ4:2:2のSDRモードとDDRモードの両方とも720p / 1080iの入力 / 出力ビデオ分解能までサポートします。

これらのビデオ入力ソースを最新世代情報娯楽システム・オン・チップ(SoCs)へ外付け部品無しにインターフェースできるように、ADV7480はMIPI® CSI-2トランスミッタを備えています。4レーン・トランスミッタは4データ・レーン、2データ・レーン、1データ・レーン・マルチプレクシング・オプションを提供し、HDMIレシーバ、MHLレシーバ、デジタル入力ポートからのビデオ信号を出力するために使用することがでます。

ADV7480にはMHL又はHDMIストリームから抽出したオーディオ・データ用に柔軟なオーディオ出力ポートがあります。HDMI / MHLレシーバは、オーディオ出力での可聴な外部騒音を防止するミュート制御のような、高度なオーディオ機能も備えています。さらにADV7480は時分割マルチプレクス(TDM)シリアル・オーディオ信号を出力するように設定することができるので、8チャンネルのマルチプレックスされたシリアル・オーディオ信号を1つのオーディオ出力インターフェース・ポートで伝送することができます。

ADV7480の設定は2線シリアル双方向ポート(I2C準拠)を介して行われます。

ADV7480は最新のCMOS製造プロセスで製造され、RoHS準拠の9 mm×9mm、100ボールCSP_BGAパッケージを採用しており、-40℃~+85℃の温度範囲で仕様が規定されています。

ADV7480には車載用と工業用があります。

アプリケーション

  • 携帯機器
  • 車載情報娯楽(ヘッドユニットとリアシートの娯楽システム)
  • HDMIリピータとビデオスイッチ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

設計ツール

ADV7480 Required Settings

These are the required I2C writes for the ADV7481. The ADV7480 is a derivative of the ADV7481. These scripts therefore apply to the ADV7480, except for the Analog input CVBS scripts, the Analog input YC scripts, the Analog input YPbPr scripts, the Analog Input Fast Switch CVBS scripts, script 08-15 and script 08-16. An application requiring MHL must use the software driver.

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明