製品概要

機能と利点

  • シングル・セルのリチウムイオン・バッテリ用のシンプルで安全なリニア充電器
  • 4.5~12Vの入力電圧範囲
  • 最大で1.5Aまでの調整可能な充電電流
  • 低価格のPNPパス・トランジスタを外付け
  • ブロッキング・ダイオードを外付けする必要のない自動的な逆絶縁
  • 出力オーバーシュート保護
  • 完全な放電状態のセルに対する事前充電モード
  • サーマル・シャットダウン
  • 自動的な再充電
  • プログラマブル終端タイマー
  • 充電状態を示すLEDインジケータ
  • ラインおよび温度範囲で±1%精度の4.2V出力電圧

製品概要

ADP2291は、シングル・セルのリチウムイオン・バッテリ用の一定電流 / 一定電圧リニア充電器であり、わずかな数の部品を外付けするだけで、4.5~12Vの幅広い入力電圧範囲で動作するシンプルで安全な充電システムを構成します。このデバイスは、バッテリの寿命期間を引き延ばす内部制御のマルチステップ充電サイクルを特長としています。

外付けの低価格PNPトランジスタからバッテリに充電電流を供給し、外付けの抵抗で最大充電電流を設定します。容量の小さい外付けのコンデンサを使用して、最大充電時間をプログラミング設定します。このコントローラには、バッテリの充電状態を示すLEDドライバが内蔵されています。

安全機能として、バッテリの障害発生時の充電停止モード、出力オーバーシュート保護、およびサーマル・シャットダウンの機能が備わっています。ADP2291はさらに、ブロッキング・ダイオードを追加して外付けする必要のない自動的な逆絶縁も特長としています。

マルチステップの充電サイクルは、バッテリの充電時間を安全な手法で最適化します。これは完全な放電状態のセルに対する細流充電モード、および最大電流が1.5Aの高速充電モードを特長としています。ADP2291は、ラインおよび温度範囲で1%精度の4.2V出力電圧を使用して充電の終了を制御します。セルの電圧が低下するときに、このデバイスは自動的にバッテリを再充電します。入力電源が切断されると、このデバイスは低電流の状態に入り、バッテリからの消費電流が1µA以下まで低減されます。

ADP2291は小型、ポータブルのアプリケーションに最適なサイズの小さい8ピンMSOPパッケージとサイズが3×3mmのLFCSPパッケージで提供されます。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明