製品概要

機能と利点

  • 車載アプリケーション用に認定
  • 強化されたサウンド・プロセッシングのための完全にプログラマブルなオーディオDSP
  • カスタム信号フローの開発のための独自のグラフィカルなプログラミング・ツールSigmaStudio
  • 最大294.912MHzの1.2V、32ビットSigmaDSPコア
    - 最大6144のSIMD命令 / サンプル@48kHz
    - 最大40kワードのパラメータ用 / データ用RAM
    - 最大800msのデジタル・オーディオ遅延プール@48kHz
  • オーディオI/Oとルーティング
    - 4シリアル入力ポート、4シリアル出力ポート
    - サンプル・レート最大192kHzの48チャンネル、32ビット・デジタルI/O
    - TDM、I2S、左詰、右詰フォーマットとPCMに対応した柔軟な構成
    - 最大8個のステレオASRC(サンプル・レート比1:8~7.75:1、ダイナミックレンジ139dB)
    - ステレオS/PDIF入出力
    - 4個のPDMマイクロフォン入力チャンネル
    - マルチチャンネルのバイト・アドレッシング可能なTDMシリアル・ポート
  • 水晶発振器でマスタ・クロックを生成するクロック・オシレータ
  • インテジャーPLLおよび柔軟なクロック・ジェネレータ
  • ダイ温度センサー内蔵

製品概要

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450は車載用に認定されたオーディオ・プロセッサで、初期のSigmaDSP®製品のデジタル信号処理能力をはるかに超えています。再構築されたハードウェアのアーキテクチャは、効率的なオーディオ信号処理に最適化されています。オーディオ・プロセッシングのアルゴリズムはサンプルごとのあるいはブロックごとのパラダイムで実現され、両方共グラフィカル・プログラミング・ツール、SigmaStudio™を使って作成された信号処理フローで同時に実行できます。再構築されたデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)コアのアーキテクチャはオーディオ・プロセシング・アルゴリズムの一部のタイプを従来のシグマDSP世代で要求されたよりはるかに少ない命令を使用して実行することができ、コード効率を大幅に改善します。

1.2V、32ビットDSPコアは最大294.912MHzの周波数で動作し、標準サンプル・レート48kHzで1サンプルあたり最大6144の命令を実行できます。しかし業界標準レートに加え、広範囲のサンプル・レートが可能です。インテジャーPLLと柔軟なクロック・ジェネレータのハードウェアにより同時に最大15のオーディオ・サンプル・レートを生成することができます。これらのクロック・ジェネレータを内蔵の非同期サンプル・レート・コンバータ(ASRC)と柔軟なハードウェア・オーディオ・ルーティング・マトリクスと組み合わせることで、ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450は、複雑なマルチレート・オーディオ・システムの設計を大幅に簡素化する理想的なオーディオ・ハブになっています。

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450には様々に設定可能なシリアル・ポートのS/PDIFインターフェース(ADAU1452とADAU1451)や多目的入力 / 出力ピンが含まれているので高範囲のADC、DAC、デジタル・オーディオ・デバイス、アンプ、制御回路とインターフェースができます。これらの製品はパルス密度変調(PDM)出力の微小電気機械システム(MEMS)マイクロフォンとも直接インターフェースすることができますが、それはこの目的のために特別に設計された内蔵デシメーション・フィルタがあるからです。

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450には独立したスレーブとマスターのI2C / シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)コントロール・ポートがあるので、外部のマスター・デバイスによってプログラムされたり、設定されるだけではなく、外部のスレーブ・デバイスを直接プログラムしたり設定できるマスターとしても動作します。この柔軟性と自動ブート機能により、動作するための外部入力は全く必要としないスタンドアロン・システムの設計を可能にします。

高電力効率のDSPコアはフルにプログラムを実行しても消費する電力はわずかに数百ミリワット(mW)ですが、たとえ100℃を超えるワーストケース温度でも1W以下の消費電力で最大のプログラム負荷で動作する事ができます。このようにADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450は相対的に消費電力が低く、フットプリントが小さいので同じ処理負荷でもより多くの電力を消費する大規模な汎用DSPの理想的な置換えになります。

ADAU1452とADAU1451とADAU1450の違い

この3種類の製品はメモリ、DSPコアの周波数、S/PDIFインターフェースの有無、ASRC構成によって区別します。

ADAU1450はS/PDIFレシーバ又はトランスミッタを内蔵していないので、SPDIFINピンとSPDIFOUTピンは無機能です。又、ADAU1450のS/PDIF入力又は出力に関連するレジスタの設定はデバイスの動作に何も影響しません。

同様に、ADAU1450はASRCを内蔵していないので、ADAU1450のASRCに関連するレジスタの設定はデバイスの動作に何も影響しません。

アプリケーション
  • 自動車用オーディオ・プロッセシング
    ヘッド・ユニット
    ナビゲーション・システム
    後部座席エンターテイメント・システム
    DSPアンプ(サウンド・システム・アンプ)
  • 民生用と業務用オーディオ・プロセッシング
  • 民生用オーディオ・プロセッシング

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ソフトウェア & システム

Software Development Tools

ツール

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。