製品概要

機能と利点

  • 多くのアプリケーションでのハイブリッド・アンプに置き換わるデバイス
    AC 性能
  • セトリング時間(0.01 % まで): 350 ns 以内
  • スルー・レート: 100 V/µs
  • 最小ユニティ・ゲイン帯域幅: 12.8 MHz
  • フル・パワー帯域幅: 1.75 MHz(20 V p-p 時)
    DC 性能
  • 最大入力オフセット電圧: 0.25 mV
  • 最大オフセット電圧ドリフト: 5 µV/ºC
  • 入力バイアス電流: 0.5 nA
  • 最小オープンループ・ゲイン: 250 V/mV
  • 最大電圧ノイズ: 4 µV p-p(0.1 Hz ~ 10 Hz)
  • 最小 CMRR: 94 dB
  • プラスチック・ミニ DIP、ハーメチック CERDIP、および SOIC パッケージを採用。
    また、EIA-481A 規格に準拠したテープ & リールを採用

製品概要

AD845 は、高速、高精度、N チャンネル JFET 入力、モノリシックのオペアンプです。このデバイスは、アナログ・デバイセズの相補型バイポーラ(CB)プロセスを使用して製造されています。高度なレーザ・ウェーハ・トリミング技術により、超低入力オフセット電圧と超低オフセット電圧ドリフトの性能を実現します。この精度に加えて、(100 pF と 500 Ω の並列負荷を駆動するときに)100 V/µs のスルー・レート、16 MHz の安定したユニティ・ゲイン帯域幅、および 350 ns のセトリング時間(0.01 %まで)を実現するので、どのような FET 入力 IC アンプも太刀打ちできない特長を備えていることがわかります。AD845 は、BiFET または FET 入力のハイブリッド・アンプを使用する多くの既存設計と、場合によっては、バイポーラ入力オペアンプを使用する多くの既存設計をアップグレードするために、容易に使用することができます。

AD845 は、アクティブ・フィルタ、高速積分器、フォト・ダイオード・プリアンプ、サンプル&ホールド・アンプ、ログ・アンプ、および A/D コンバータや D/A コンバータのバッファリングなどのアプリケーションでの使用に最適です。最大入力オフセット電圧が 250 µV なので、多くのアプリケーションでオフセットをゼロ調整する必要がありません。±10 V の入力電圧範囲で 110 dB の同相ノイズ除去比を実現していることは、JFET 入力の高速オペアンプとして非常に優れた性能を備えていることを示しています。このことと 250 V/mV の最小オープンループ・ゲインにより、ユニティ・ゲイン・バッファ回路内でも 12 ビットの性能を確実に達成することができます。

AD845 は、V+ に対するオフセット・ゼロ調整ピンを除いて標準のオペアンプのピン配列に準拠しています。AD845J および AD845K グレードは、0 ~ +70 ºC の商用温度範囲で動作が仕様規定されています。AD845A および AD845B デバイスは、–40 ºC ~ +85 ºC の工業用温度範囲で動作が仕様規定されています。AD845S は、–55 ºC ~ 125 ºC の全ミリタリ温度範囲で動作が仕様規定されています。工業用およびミリタリの両バージョンは、8 ピンの CERDIP パッケージを採用しています。商用バージョンは、8 ピンのプラスチック・ミニ DIP パッケージおよび 16 ピンの SOIC パッケージを採用しています。また、「J」および「S」グレードのチップも提供されています。

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

ツール

設計ツール

ADIsimPEリニア/ミックスド・シグナル回路シミュレータ – パーソナル・エディション

SIMetrix/SIMPLISを装備したADIsimPEは、迅速な市場投入を、限られたリソースで求められている顧客向けにリニアおよびミックスド・シグナル回路のシミュレーション環境を提供します。標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。SIMPLIS(SIMulation Piecewise-Linear System)モードは、標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。特にスイッチング電源やPLL、A/DコンバータやD/Aコンバータなどのアプリケーションに適しています。

アナログ・フィルタ・ウィザード

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。 このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。プロセスが終了すると、部品表やSPICEネットリスト作成されます。

アナログ・フォトダイオード・ウィザード

フォトダイオード・ウィザードを用いて、アプリケーションに最適なアンプを選択して設計することができます。ウィザードを使用するには、設計の仕様(電源電圧、フォトダイオード特性、帯域幅、必要な精度など)を入力します。さらに使用するアンプを選択すると、回路図、誤差バジェット、ノイズ解析、部品表(BOM)、SPICEネットリストなど、全ソリューションを確認することができます。

VRMS/dBm/dBu/dBVカリキュレータ

電力測定値と信号強度の標準的な単位変換を行うためのユーティリティです。

消費電力とダイ温度

このツールは、電源電圧、周囲温度、負荷特性、パッケージの熱データに基づいてダイ温度と消費電力を予測します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明