製品概要

機能と利点

  • プログラマブル容量デジタルコンバータ
    更新レート:36ms(@最大シーケンス長)
    分解能:1fF未満
    14チャンネルの容量性センサ入力
    外部のRC調整用部品が不要
    自動変換シーケンサ
  • 自動キャリブレーション・ロジック内蔵
    環境変化の自動補償
    自動適応型のスレッショールドおよび感度レベル
  • キャリブレーション・データを保存する内蔵RAM
  • SPI®互換のシリアル・インターフェース(AD7142)
  • I2C®互換のシリアル・インターフェース(AD7142-1)
  • シリアル・インターフェース用として別個に用意されたVDRIVEレベル
  • 割込み出力とGPIO
  • 32ピン、5mm×5mm LFCSP_VQ
  • 電源電圧:2.6~3.6V
  • 低い動作電流
    通常消費電力モード:1mA未満
    低消費電力モード:50μA

製品概要

AD7142とAD7142-1は、最新のユーザ入力方式が要求されるシステム用としてオンチップの環境キャリブレーション機能を集積化した容量デジタルコンバータ(CDC)です。容量性ボタン、スクロールバー、ホイールなどの機能を実装する外部の容量性センサとのインターフェースが可能です。

このCDCは、スイッチ・マトリックスを経由して16ビット、250kHzのΣΔ(シグマ・デルタ)容量デジタルコンバータに送られる14チャンネルの入力を備えています。CDCは、外部センサの容量変化を検出し、この情報を使用してセンサの起動を登録できます。外部センサは、一連のボタンとして、スクロールバーまたはホイールとして、あるいは各種タイプのセンサの組合わせとして配置できます。レジスタのプログラミングによって、ユーザはCDCのセットアップを完全に制御できます。高分解能センサの場合は、ホスト・プロセッサ上で小さなソフトウェアを実行することが必要です。

AD7142とAD7142-1には、周囲の環境変化に対応するためにキャリブレーション・ロジックが内蔵されています。キャリブレーション・シーケンスは、センサがタッチされていない間に 自動的に、しかも連続的なインターバルで実行されます。したがって、環境の変化による外部センサでの誤検出やタッチの登録漏れを防止できます。

AD7142にはSPI互換の、AD7142-1にはI2互換のシリアル・インターフェースがあります。いずれの製品も、割込み出力と汎用の入力/出力(GPIO)を備えています。

AD7142とAD7142-1は、32ピン、5mm×5mmのLFCSP_VQを採用し、2.6~3.6Vの電源で動作します。動作時の消費電流は1mA未満に抑えられますが、低消費電力モード(400msの変換インターバル)時にはさらに50μAまで低減されます。

アプリケーション

  • 個人用音楽プレーヤおよびマルチメディア・プレーヤ
  • 携帯電話
  • デジタル・カメラ
  • スマート・ハンドヘルド機器
  • テレビ、A/V、およびリモート・コントロール
  • ゲーム機器

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ドキュメント

アプリケーション・ノート (18)

ソフトウェア & システム

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明