ビジョン・センシング・アルゴリズム

アナログ・デバイセズのEagleEye™でエッジにおけるインテリジェンスを実現できます。インテリジェント・ビルにおける人の分類、カウントと追跡、占有率検知などに使用するビジョン・センシング・アルゴリズムは、アナログ・デバイセズがコンピュータ・ビジョンの分野で長い歴史を持つもので、ADSP-BF70xプロセッサやアナログ・デバイセズのSHARC®およびSHARC+®デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)に関するコア技術など、業界をリードするDSPコアを活用したものです。先進的なビジョン・センシング・アルゴリズム方法論とコンピュータ・ビジョンや組み込みソフトウェアに関し業界をリードする専門性を組み合わせることで、アナログ・デバイセズは人や物体の分類、カウント、追跡、大きさの計測などを行う、一連のアルゴリズムを初めて開発しました。初期製品は、Blackfinプロセッサ・ファミリ・コアに基づいてスマート・ビルディングで仕様するための占有率検知ハードウェアおよびソフトウェア・プラットフォームをベースとしています。人数カウント・システムは統合が容易なため、顧客に関するより複雑な課題を解決できます。このプラットフォーム・ベースの手法は、資産と人の管理、ソーシャル・ディスタンス、セキュリティ、従業員のエンゲージメント、スペースの有効活用、労働生産性、エネルギー効率などを向上するのに必要な洞察を提供します。
製品セレクション・テーブル