産業用イーサネット物理層デバイス
searchIcon
banner background image

産業用イーサネット物理層デバイス

The ADI Chronous産業用イーサネット物理層(PHY)ポートフォリオには、標準的な10Mbps、100Mbps、1Gbpsのソリューションがあります。また、シングルペア・イーサネット向けの新しい10BASE-T1L技術も備わっています。 アナログ・デバイセズの業界をリードする低遅延、低消費電力のPHY技術は、サイクル回数とシステムの消費電力を削減することで、決定論的アプリケーションにおけるデータ伝送と信号の完全性を最大限に向上します。この技術は、産業用ネットワーク間の信号の同期に優れており、TSNの開発を支援します。 超低消費電力10BASE-T1L製品のこのポートフォリオにはPHYとMAC PHYの両方のソリューションがあり、設計時の柔軟な選択を可能にすると共にシステムの使用可能電力の最適化を支援します。独特のMAC PHY技術により、以前からあるイーサネット・インターフェースをサポートせず代わりにSPIを介して接続を行う、既存の低消費電力プロセッサ技術が再利用できるようになります。 ADI Chronous PHY製品は、EMCおよび堅牢性に関する徹底的なテストを完了しており、予測可能でセキュリティの高い通信が必要なアプリケーションに最適なものとなっています。産業用イーサネット物理層デバイスは、拡張工業用周囲温度範囲にわたり動作するよう設計されており、現在および将来の産業用イーサネット・アプリケーションに最高レベルの信頼性を提供します。
The ADI Chronous産業用イーサネット物理層(PHY)ポートフォリオには、標準的な10Mbps、100Mbps、1Gbpsのソリューションがあります。また、シングルペア・イーサネット向けの新しい10BASE-T1L技術も備わっています。 アナログ・デバイセズの業界をリードする低遅延、低消費電力のPHY技術は、サイクル回数とシステムの消費電力を削減することで、決定論的アプリケーションにおけるデータ伝送と信号の完全性を最大限に向上します。この技術は、産業用ネットワーク間の信号の同期に優れており、TSNの開発を支援します。 超低消費電力10BASE-T1L製品のこのポートフォリオにはPHYとMAC PHYの両方のソリューションがあり、設計時の柔軟な選択を可能にすると共にシステムの使用可能電力の最適化を支援します。独特のMAC PHY技術により、以前からあるイーサネット・インターフェースをサポートせず代わりにSPIを介して接続を行う、既存の低消費電力プロセッサ技術が再利用できるようになります。 ADI Chronous PHY製品は、EMCおよび堅牢性に関する徹底的なテストを完了しており、予測可能でセキュリティの高い通信が必要なアプリケーションに最適なものとなっています。産業用イーサネット物理層デバイスは、拡張工業用周囲温度範囲にわたり動作するよう設計されており、現在および将来の産業用イーサネット・アプリケーションに最高レベルの信頼性を提供します。

新しいデータ、新しい知見をもたらすADI Chronousの10BASE-T1L技術

長距離、シングルペア・イーサネット、10BASE-T1L物理層デバイスは、シームレスなコネクティビティというビジョンの実現への道のりを一変させます。この技術は、イーサネット・コネクティビティをリモートや遠方のエッジ・ノードにまで拡張することにより、新しいデータ・ストリーム、追加のプロセス変数、および補助的な測定値の通信を可能にします。IEEE 802.3cg-2019は、10BASE-T1Lコネクティビティを規定している標準規格です。これはシングルペア・イーサネット(SPE)メディアの規格で、10メガビット/秒の通信に対応し、最大1kmまでの単一のツイストペア・ケーブル上で電力とデータの両方の伝送を実現します。10BASE-T1Lコネクティビティは、IIoTの利点を工場、ビル、処理プラントのリモートの隅々に、さらにはこれまでセンサーやその他のエンドポイントのコネクティビティが制限されていた危険な場所にまで広めることになります。

campaign-image
campaign-image

新しいデータ、新しい知見をもたらすADI Chronousの10BASE-T1L技術

長距離、シングルペア・イーサネット、10BASE-T1L物理層デバイスは、シームレスなコネクティビティというビジョンの実現への道のりを一変させます。この技術は、イーサネット・コネクティビティをリモートや遠方のエッジ・ノードにまで拡張することにより、新しいデータ・ストリーム、追加のプロセス変数、および補助的な測定値の通信を可能にします。IEEE 802.3cg-2019は、10BASE-T1Lコネクティビティを規定している標準規格です。これはシングルペア・イーサネット(SPE)メディアの規格で、10メガビット/秒の通信に対応し、最大1kmまでの単一のツイストペア・ケーブル上で電力とデータの両方の伝送を実現します。10BASE-T1Lコネクティビティは、IIoTの利点を工場、ビル、処理プラントのリモートの隅々に、さらにはこれまでセンサーやその他のエンドポイントのコネクティビティが制限されていた危険な場所にまで広めることになります。