製品概要

製品概要

AD-FREQCVT1-EBZは、AD9361を内蔵するFMCOMMS3/4/5ボードのアドオン・ボードです。完全なチップ・レベルの設計パッケージはADI製品ページにありますが、カード上の情報、カードの使用方法、周りのデザイン・パッケージ、動作に必要なソフトウェアは、アナログwikiサイトにあります。

AD-FREQCVT1-EBZの目的は、周波数の上下変換を行い、1MHzまで下げてAD9361が動作できるようにすることです。

はじめに

AD-FREQCVT1-EBZを使い始めるには、既にAD-FMCOMMS3-EBZ[またはAD-FMCOMMS4-EBZ、AD-FMCOMMS5-EBZ]をセットアップして実行している必要があります。重要なこととして、まずwikiページに示されているように3ピン・キー付きヘッダーをAD-FMCOMMS3-EBZビードに接続します。次に、wikiの図にあるように、FMCOMMS3の電源ケーブルをFREQCVT1に差し込み、FPGAボード・ポートのpmodケーブル(wikiを参照)をFREQCVT1に差し込みます。最後に、オス-オスSMAアダプタを使用してFMCOMMS3ボードとFREQCVT1ボードの間のSMAを接続すれば、準備完了です。

AD-FREQCVT1-EBZユーザ・ガイド(wiki)

推奨システム動作環境

AD-FREQCVT1-EBZボード・キット、AD-FMCOMMS3-EBZ、AD-FMCOMMS4-EBZまたはAD-FMCOMMS5-EBZ、およびFPGAボード。必要なソフトウェアは、FMCOMMSファミリ・ボードに付属するSDカードに既に組み込まれています。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。