プレス・リリース

Contact Linda Kincaid

最新の安全な絶縁型CAN FDトランシーバー「ADM3055E/ADM3056E/ADM3050E」を発表

~将来性を見据えた12Mbpsネットワークを実現~

2018年11月06日 - 東京
  • CAN-FD-Transceivers-RGB-300x300-Title-Webアナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、工業用/ビルディング・オートメーション、エネルギー・システム、防衛/航空宇宙ネットワークにおける通信速度、機能性、絶縁性、性能のニーズに対応する、CAN FD(フレキシブル・データレート対応コントローラ・エリア・ネットワーク:Controller Area Networks with Flexible Data-rate)通信用トランシーバー製品シリーズを拡張した「ADM3055E/ADM3056E/ADM3050E」を発表しました。デジタル・アイソレータ(iCoupler®)を用いて絶縁されたADM305xE ICシリーズは、既存のCANおよびCAN FD設計に対する後方互換性を確実に維持しながら、業界標準の5Mbpsを大幅に超える12Mbpsの性能で将来的なニーズにも対応できるように設計されています。強化されたADM3055Eは、新しい低放射エミッションのisoPower®絶縁DC/DCコンバータを内蔵し、堅牢性が高く、安全な絶縁CANノードのデザインが容易で、より迅速な市場投入が可能です。

    ADM305xEシリーズの特長

    • EN 55022/CISPR 22クラスBの2層PCBエミッション規格に準拠
    • IEC61000-4-2レベル4のESD定格(接触放電:±8kV、空気放電:±15kV)
    • バス故障保護:±40V(CANバス・ピン)
    • コモンモード電圧範囲:±25V
    • 5Vのロジック側VCCと、1.8V、2.5V、3.3V、5.0V電源に対応する絶縁側VIOオプション


    次世代CAN FDのADM305xEシリーズは、低ループ遅延(最大150ns)と拡張されたコモンモード電圧範囲が特長で、データ・レートの向上とケーブル長の延長を実現します。ADM3055Eは絶縁型DC/DCコンバータを内蔵しているため、絶縁バス側に電源を別途、用意する必要はありません。これらのデバイスは、集積度が高く、EMI/ESD認証取得が容易で、絶縁電源内蔵品も選べるため、既存の絶縁製品や絶縁手法の制約に縛られずに、開発コスト、実装面積、およびソリューション全体のサイズを最小限に抑えることができます。絶縁定格を低く抑えたバージョンもまもなく供給されます。


    価格と提供時期
    下記表中の価格は米国での価格です。
    製品 isoPower 絶縁定格 量産出荷 1,000個
    受注時の単価
    パッケージ
    ADM3055E あり 5 Kv 出荷中 5.95ドル 20ピンSOIC_IC
    ADM3056E なし 5.7 kV 2018年12月 2.55ドル 16ピンSOIC_IC
    ADM3050E なし 5.7 kV 2018年11月 2.25ドル 16ピンSOIC_W




  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed