シグナルチェーン・デザイナーに追加

ADL5502:  クレスト・ファクタ検出器、450~6000MHz

製品詳細

製品状況:新規設計にお薦めします。

ADL5502は、変調された信号のクレスト・ファクタを高精度に決定した上でエンベロープ検出を行う真のRMSパワー検出器です。このデバイスは、450MHz~6GHzの周波数範囲と10MHzを超えるエンベロープ帯域幅の高周波数受信および送信のシグナル・チェーンで利用できます。この検出器の動作に必要とされるのは2.5~3.3Vの単電源のみであり、その消費電流は3mAよりも低く抑えられます。入力は内部でAC結合され、入力インピーダンスの公称値は500Ωです。

RMS出力は直線的な応答のDC電圧であり、変換ゲインは900MHz時で1.8V/V rmsです。変換ゲインが1.2V/Vのピーク・エンベロープ出力は、1msに渡ってわずか1%未満のドループ電圧特性を備えたピーク・ホールド回路でトグルされます。

ADL5502は、複雑な波形のrms値とピーク平均値を高精度に決定する方法として、使いやすいデバイスです。単純な波形でも複雑な波形でもクレスト・ファクタ計測に利用できますが、CDMA2000、W-CDMA、QPSK/QAMベースのOFDM波形などのような、クレスト・ファクタの高い(ピーク対rms比の高い)信号の計測用として特に役立ちます。ピーク・ホールド機能により、サンプリング・レートが低いADCを使用して、エンベロープ内の短いピークを取り込むことができます。

このクレスト・ファクタ検出器は-40℃~+85℃の温度範囲で動作し、8ボール、1.5mm×1.5mmのWLCSP(ウェハーレベル・チップ・スケール・パッケージ)で提供されます。このデバイスは、高fTのシリコンBiCMOSプロセスで製造されています。

アプリケーション

  • W-CDMA、CDMA2000、QPSK/QAMベースのOFDM波形、およびその他の複雑な変調
    波形のパワーおよびエンベロープ計測
  • RFトランスミッタまたはレシーバのパワーおよびエンベロープ計測

特長と利点

  • 真のRMS検出器
  • エンベロープピーク・ホールド出力
  • 優れた温度安定性
  • 温度対検出精度:±0.25dB rms
  • 温度対エンベロープ検出精度:±0.25dB、入力範囲の上限25dBにわたって
  • クレスト・ファクタを含めて、35dBを超える入力パワー・ダイナミック・レンジ
  • RF帯域幅:450MHz~6GHz
  • エンベロープ帯域幅:10MHz
  • 入力インピーダンス:500Ω
  • 単電源動作:2.5~3.3V
  • 低消費電力:3V電源時で3mA
  • RoHS準拠

ADL5502機能ブロック図

資料

タイトル コンテンツの種類 ファイル形式
ADL5502: 450 MHz to 6000 MHz Crest Factor Detector Data Sheet (Rev A, 01/2011) (pdf, 453 kB)  データシート PDF
CN-0187: 高速、低消費電力、3.3 V単電源の条件に最適なクレスト・ファクタ、ピーク、RMS RF電力の測定回路  (pdf, 651 kB) 実用回路 PDF
RF Source Booklet  (PDF, 4353 kB)
RF IC Product Overview - Version P (02/2014)
その他 PDF
Rarely Asked Questions...アナログ・デバイセズに寄せられた珍問/難問集 RAQ(珍問/難問集) HTML
外形寸法図のBSCとは? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
Pwr Dissとは? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
ICの寿命や製品保証の資料は? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
デシケータ管理条件 FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
半導体用語集 用語集 HTML

設計支援ツール、モデル、ドライバ & ソフトウェア

タイトル コンテンツの種類 ファイル形式
ADIsimRF
アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。
設計ツール&シミュレータ HTML
ADIsimPLL™- Version 3.60.09
アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。現在利用できるツールの中で、最も総合的なPLLシンセサイザーの設計/シミュレーション・ツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。
設計ツール&シミュレータ HTML

評価用キット / シンボル & フットプリント

評価ボード&キット資料と購入については、評価ボード&キットのページをご覧ください。

シンボル&フットプリントアナログ・デバイセズでは、多岐にわたるCADシステムにおいて、簡単に使用することができる、シンボルとフットプリントのデータを提供しています。

関連製品情報 & 実用回路

Engineered. Tested. Ready to Integrate.
詳細をみる

Sampleサンプル&購入

価格、パッケージ、入手性

価格表の見かた

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

ADL5502 Evaluation Board
モデル 概要 価格 RoHS PCN/製造中止案内 在庫確認/
購入/サンプル
ADL5502-EVALZ 製品状況: 製造中 Evaluation Board $ 99.00 Yes -

ここに表示されている価格は、1個あたりの価格です。米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

在庫確認&購入

販売代理店リストを見る
沪ICP备09046653号
この製品に対するご感想 X
content here.
content here.

この製品に対するご感想

閉じる